ブラジルリズムワークショップ

先日、機会があってブラジルのプロパーカッション奏者のワークショップに参加してきました。

「サンバ」と「ボサノバ」の違いは?というような解説から、譜面に書けない潜在的なリズムについて、ノリを出すためのシェイカーの振り方まで、タメになるお話満載でした。

日本人がズレた音程に対して違和感を持つように、ブラジル人の方はズレたリズムに違和感を持つらしいです。リズムに対してそこまで研ぎ澄まされているって…なんかすごいうらやましいなと思ってしまいました。