作曲勉強会やっています

ベースアレンジに役立つ本

ベースのアレンジについて書かれた「ベースラインの構築法」という本が面白かったのでご紹介します。

書かれている内容は主にジャズのウォーキングベースについてですが、ベースアレンジの根本的な概念が語られていてロック・ポップスにも応用可能です。

硬派な内容ながら中身が濃くて、特に開放弦についての考察が参考になりました。ベースを実際に演奏する際には、確かに要所要所で開放弦を入れていくというのがポイントになりますね。

ベースラインの構築法
(Amazon)