レットイットビーはやっぱり名曲

言わずと知れた「レットイットビー」。

もう何回も聴いているのに、ここへきて改めて『名曲』と実感。

ポールはこの曲でゴスペル的な神聖さ表現したくて、歌詞にマザーメアリーを登場させたり、ビリー・プレストンにチャーチオルガン風サウンドを要求したりしたらしいです。

そんな哲学的ムードが曲をより「高貴なもの」にしてるなーとしみじみ。

とにかく、こういう曲は理屈抜きで感動できる、時代を超える曲ですね。

The Beatles – Let It Be
(YouTube)