実はすごい、グラスハープ動画

グラスハープの演奏動画をひとつ。曲はベートーベンの「歓喜の歌」です。

前半はメロディラインが単音なので「なるほどー」という程度なんですが、25秒ぐらいでカウンターのメロディが入ってきて複声になるあたりからひきつけられます。

しかも、よくよく見るとそのカウンターのメロディは手のひらを広げるようにして2つ(以上?)のグラスをこすっていて、見事にハーモニーを生み出しています。おじさんすごい!

“Ode to Joy” played on wine glasses
(YouTube)