悩み相談「作ったコード進行が理論的に正しいのか不安になります…」→理論に沿ってなくてもまずは大丈夫!徐々に理論を意識していきましょう

作曲初心者の方が抱えてしまいがちな「このやり方でいいのか?」という種類の悩みの中でも多いのが、コード進行に関するものです。

こちらでは、そのあたりについて私なりの答えや対処法を考えてみます。

「これで理論的に正しいか?」という疑問とその真意

表面的な回答は「合ってますよ」または「ん~…」

勉強会やレッスンなどをやっていると、よく作曲に慣れていない方から以下のような質問を受けます。

「思いのままにコードをつなげて曲を作ってみたのですが、これで合ってますか?」

ここでいう「合ってますか?」という言葉は、多くの場合「理論的に正しいか?」ということを意味します。

そのうえで作ったコード進行を実際に見せてもらい私がそれを理論的に解釈してみる、という流れになるのですが、結果としてそれを理論的に解釈できることもあれば、解釈しにくいこともあります

表面的に答えるならば、この質問の回答は「合ってますよ」または「ん~…」のどちらかになります(笑)。

理論で解釈できなくても、良ければいい

この質問をするみなさんは、要約すると「作ったコード進行が理論的に正しいのか・正しくないのか」という点を不安に思っています。

しかし、そもそも作曲は創作活動なので、私は「理論的に正しいのか・正しくないのか」という尺度でそれを語ること自体が意味のないことだと考えています。

これは、例えるなら自由に書いた落書きを

「この絵の色づかいは〇〇で…」
と説明づけるようなことに似ています。

要は、理論的に解釈できなくても聴いて良ければそれでいいのです。

そのうえで、ではなぜ質問者の方がそのようなことを不安に思ってしまうのかというと、

「こんな適当なやり方で曲を作ってもいいのか?」
という不安がその裏にあるからではないでしょうか。

作曲は「きちんとやらなければいけないもの」、と捉えられている

数ある芸術の中でも、特に作曲は「きちんと筋道を立てて、考えながら行わなければいけないもの」と捉えられていることが多いです。

反面で、前述した「絵」を含む美術系や「歌」「芝居」「ダンス」「文芸」など、他ほとんどの芸術は「まずはやってみるもの」で、かつ「やっていく中で上達させていくもの」という取り組み方がより許されているように思えます。

check
個人的には、すべての芸術は後者の「まずはやってみるもの」「やっていく中で上達させていくもの」だと思っていますし、また表現方法に正解は無く、「良いものは良い」と考えています。
なぜか作曲は、思いのままにやることが許されないという風潮があり、そこから前述したような質問が生まれるのだと思います。

「音楽理論」という存在

これを考えるとき、みなさんの中で大きな存在となっているのが「音楽理論」です。

もちろんそれぞれの芸術にも似たような「〇〇論」があるはずですが「音楽理論」は特に有名で、その「理論」という響きから守らなければいけないものだというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

では実際のところどうかといえば、そんなことはありません。

音楽理論は「道しるべ」

音楽理論は、いわば一般的な音楽の構造を後付けで整理してみたものにすぎません。

言い換えれば、「こうやれば音楽がまとまりやすいですよ」ということを定義したようなもので、それはルールではなく、いわば「道しるべ」だといえるでしょう。

道しるべが無くてもいけてしまう人はいるし、自分で道しるべを作りだせる人もいます。

またその道しるべを無視して好きな道をいくこともできますし、「いってみたら結構良かった」、ということも多々あるのです。

より作曲をきちんと、円滑に進めたいときに音楽理論が必要

もちろん音楽理論は音楽の構造や作り方を整理したものであるため、それを活用することでより説得力のある曲を作ったり、曲完成までの時間を早くしたり、作品の品質を一定に保つことができます。

いわば作曲を便利にするための道具のようなもので、それは曲を作った後に解釈するためのものではなく、曲を作る前や作っていく中で使うものだといえるでしょう。

既に述べたとおり作曲は本来自由なものですが、

  • より良い曲をきちんと計画的に作りたい
  • 作曲を少ない労力で継続させたい
  • 作品の品質を常に水準以上に保ちたい

というような希望がある場合には、音楽理論を学び、それを活用することが欠かせないといえます。

思いのままにつなげたコードを理論で解釈するのは難しい

そもそも思いのままにつなげたコードを理論的に解釈することは難しいものです。

適当につなげているだけなので、理論で説明できなくて当然なのです。

そのような観点からも、思いのままに作ったコード進行を「理論的に正しいか?」と確認することは意味をなさない、と私は考えています。

悩み「理論的に正しいのか不安になる」への回答

理論で解釈できなくていい

話をこのページのテーマに戻すと、

「思いのままにコードをつなげて曲を作ってみたのですが、これで合ってますか?
という質問には、まずそれぞれの「合ってます」「ん~…」という表面的な答えがあるとして、大前提となる

  • 「思いのままにつなげたコードを理論的に解釈することは難しい」
  • 「聴いて『良い』と思うならそれでいい」

という答えをまず返すことができます。

まずは「思いのまま」でいい、きちんとやるなら理論を考慮して進める

そのうえで、上記質問の裏にある、

「こんな適当なやり方で曲を作ってもいいのでしょうか?」
という不安には、以下のように答えることができます。

  • 作曲は創作活動だから、自分の思いのままにやっていい
  • 何曲か作っていく中で上達していく
  • もっと作曲をきちんと円滑にやりたかったら音楽理論を考慮して進めてみる

結局のところ、誰もが最終的に目指すところは「作曲を楽しむ」「良い曲を作る」という点だと思います。

上記の回答は、それを試行錯誤しながらやるもよし、音楽理論を踏まえて筋道を立ててやるも良し、ということを言い表しています。

また、そうはいってもやっぱり独りよがりな作品は評価されにくいですし、それを乗り越えるためには何度も曲作りを重ねたり、他人の曲を分析することが必要になります。

そのような意味から、上達を目指す人ほど結果的に音楽理論を活用した曲作りをするようになっていくはずです。

理論を知ったうえでやりたいことを優先する、という作曲の進め方が最も理想的だと思います。