質問「DTMが無いと作曲は始められないですか?」→いえ、そんなことはありません!

先日、こんなツイートをしました。

これは、私が勉強会でお会いしたある方から実際に受けた質問です。

「DAW」というのは「Digital Audio Workstation」の略で、PCで作曲をするためのソフトの総称です。

これに対する私の答えはツイートの通りで、「全くそんなことはないですよ」とお答えしました。

作曲といえば「PCを使って行うもの」という認識が広まりつつある

現在、「作曲」というとPCやスマホを使ったやり方が主流になりつつあります。

特に若い世代では、DTMによってオリジナルソングの音源を作り、それをSNSに公開したり仲間内で共有したりすることが当然のように行われており、それが「作曲をしたい」というモチベーションにもなっています

そのような理由から「作曲=DTM=PCでやるもの」という認識が広まりつつあるのですが、作曲はPCが無くてもできますし、むしろ初心者の段階ではPCを使わない方がいいのかも?とも思えます

PCは確かに便利だけど…

上記のツイートに続けて、私は以下のようなつぶやきをしました。

PC上でDAWソフトにデータを打ち込んでいけば、確かに誰でもすぐに音楽を組み立てていくことができます。

これまで作曲は基本的にピアノかギターによって行われてきましたが、作曲初心者にとっての壁となる「楽器の演奏」がクリアできる、という意味ではやはりPCやDAWソフトの存在は大きいです。

反面で、上記のツイートでも書いた通り作曲の経験が全くないと、いざPCを前にしても何をすればいいかがわからず、結局作曲に挫折してしまうということがよくあります。

以下の記事でも述べていますが、PCを使った作曲はやれることが多すぎて、それが逆に難しさを感じさせるのです。

作曲の始め方|曲を作りたい!と思った時にやるべきこと

また、作曲は言い換えれば「いろいろなメロディやハーモニーを検討する行為」であるため、音を出すためにその都度データを打ち込む必要があるPCでの作曲は、やはり楽器を使った作曲に比べて少し遠回りです。

まずは楽器の作曲で感覚をつかんでおくのがお勧め

そこで、冒頭の質問者の方にもお伝えしたのが「まずは少しだけでもいいので楽器を使った作曲を経験したほうがいいですよ」ということです。

ボーカルメロディのあるポップス・ロックなどを作曲するならこれはなおさらで、メロディを歌として口から発音して作っていく感覚をまず少しだけでもつかんでおくと、PCで作曲をする時に作業の流れをイメージしやすくなるはずです。

もしあなたがいま「作曲をしたい」→「でもやっぱりPCの作曲環境がないとダメかな…」と思っているなら決してそんなことはありません。

まずは手ごろな電子キーボードなどを手に入れて、それでコードを弾き、メロディを歌いながら曲を作る体験をしてみてください。

きっと作曲の楽しさが体感できるはずです。

【ピアノで作曲!楽器が弾けなくても大丈夫】作曲初心者がピアノやキーボードで作曲する方法

ちなみに、私はその後にこんなツイートもしていました。

そのうち本当に、すべての初心者がPCを使って作曲をする時代がくるのかなとも思える今日この頃です。

楽器とPC、それぞれに良さがあります。