オンラインレッスンやっています

「作曲の上達に欠かせない5つの柱」とは?(オンラインレッスンのご紹介)

作曲をやるにあたって、やっぱりやる以上は上手くなりたいですし、良い曲を書きたいものです。

作曲は誰にでもできます。

しかし、ただ気ままに曲を作っているだけでは上達に時間がかかってしまいます。

では効率よく、しかも確実に上達するためにはどんなことを実践していけばいいのでしょうか?

こちらのページではそんなことを踏まえて、「作曲の上達に欠かせない5つの柱」という概念をご紹介していきます。

作曲初心者が抱える多くの悩み


作曲を始める理由はみなさんそれぞれですが、なんとなく「作曲やってみようかな~」と新たに取り組んでみるものの、いざやってみると案外難しいですよね。

メロディが思いどおりに浮かんでこない、コードをどんな流れでつなげばいいかわからない、曲展開のさせ方がわからない、など、いろいろな場面で迷ってしまうはずです。

なんとか小さなフレーズや展開を作り上げたり、また人によっては丸ごと一曲を作れる方もいるかと思いますが、出来上がったものも「これでいいのかな?」というものになることがほとんどかと思います。

メロディやコードも、それっぽいものは出来るはずです。

迷いながらも、そこからまた繰り返し作曲をしていけば制作活動は続いていくのですが、どうにも効率が良くない気がする…。

いわゆる「作曲をものにする」ためには一体どんなことをやっていけばいいのだろう?とやっぱり気になってしまいます。

作曲上達のためのメカニズム

何ごとにおいてもそうですが、上達に向けた道筋はひとつではありません。

そんな中で「最も効率よく、最短期間で確実に上達できるやり方」こそが、みなさんに一番喜ばれるものであるはずです。

私は16歳から作曲を始めて25年以上、これまで作曲に対して多くの時間を使ってきました。

そんな自分が、作曲に対して考え、悩み、時に遠回りをして学んだり、そしてここ数年は人に教えるということを通して、割り出すことのできた「作曲上達への道筋」があります。

それこそが、この記事のタイトルにもなっている「作曲の上達に欠かせない5つの柱」という概念です。

これは文字通り「作曲を上達させるために取り組むべき事柄」で、具体的には以下の5つを指します。

作曲の上達に欠かせない5つの柱

  1. 曲作りの実践
  2. 音楽理論の習得
  3. 作曲方法論の習得
  4. 曲分析の実践
  5. 曲を沢山聴く
作曲を上達させるためには、これら5つを行うことが欠かせません。

逆を言えば、これを行えばどんな人でも自然と、確信を持ちながら作曲ができるようになっていきます

具体的にはこの5つのうち「曲作り」を大きな柱とします。

そして、残りの4つをそこに集約させるように回していく、という形で日々作曲を学び、取り組んでいきます。

ある生徒の実例

本サイト内の他記事にも記載していますが、私が指導していたある生徒は、知り合った頃にはまだ作曲をやったことがなくてギターが少し弾ける程度でした。

そんな彼が「作曲の上達に欠かせない5つの柱」を実践しながら作曲のやり方を学んだことで、段々と自分の力だけで曲を生み出せるようになっていきました。

結果的に、私でも驚くような良い曲を作れるようになっていったのです。

下記の画像は、彼の作った曲アイディアの音源ファイルをまとめたものです。

作曲について右も左もわからない状態だった彼が、ここまで沢山の曲を作れるようになったことを思うと、感慨深いものがあります。

私は現在この「5つの柱」をもとにしたレッスンを行っていますが、もしみなさんがこちらの彼のような「作曲できる人」になりたければ、そのレッスンがきっとお役に立つはずです。

※「自分ひとりで考えて作曲やるからいいよ~」という方は、ここで読むのをやめていただいて結構です(笑)。

まずは「5つの柱」をもとにしたレッスンの効果について下記以降で詳しくご説明していきますので、それがみなさんのお力になれば幸いです。

レッスンの効果

レッスンを受けるとどうなるのか

レッスンをしっかりと受けることで、いままでわからなかった作曲に関するいろいろなことがわかるため、作曲のレベルは向上します。

作曲を全くやったことがない人でも「作曲の上達に欠かせない5つの柱」を通して曲を作れるようになります。

より細かく言えば、「曲とは何か?」がわかるようになります。

自分自身が作ろうとしている「曲」というものの正体がわかることで、それを自分でも作れるようになる、ということです。

そして、これまで自己流で作曲をやって伸び悩んでいた人にもレッスンは効果的です。

作曲の本質が理解できるようになるため、伸び悩みをを打開して、より自分の思うままに作曲に取り組んでいけるようになります

また、レッスンは「ギターを使った、ボーカルのある曲」の作曲を特に対象としているため、それを目指す人にとってはさらに大きな効果をもたらします。

もちろん、ピアノで作曲をやろうとも、ボーカルの無い曲を作ろうとも、概念は同じであるため真剣に取り組めば同様に上達することができます。

作曲を直接教わることの利点

レッスンでは、わからないことが直接確認できます。

これはひとりで作曲を学ぼうとするのに比べて大きな利点となります。

また、レッスンの中では私が作曲上達のための道筋を示します。

そのために「どんなことが必要か」「何をやればいいか」という点が明らかになります。

そのうえでそれらを習得していくため、作曲技術向上に対して最短で進んでいくことができます

「レッスン」という場が用意されていることでモチベーションが維持できることもメリットのひとつです。

一人きりで作曲をやってなんとなく時間が過ぎてしまう…という状態を抜け出し、中身の濃い作曲生活を送っていくことができます。

作曲活動のパートナーを得ることは、作曲を継続して行っていくにあたって大きな助けとなるはずです。

レッスンの概要と実施の流れ

レッスンの概要

レッスンの形式についてですが、レッスンは対面ではなく、オンラインレッスンとしてSkype等を使ってインターネット上で行っています。

そのため、インターネット環境さえあれば、全国どこからでもレッスンを受けることが可能です。

現在ではオンラインでも対面とほぼ変わらない品質でレッスンを提供することが出来るようになりました。

またこれは必然的ですが、1対1で行うマンツーマンレッスンの形となっています。

レッスンの進め方について

レッスンは、既に述べた「作曲の上達に欠かせない5つの柱」をもとに、主に「オリジナル曲の添削」「曲分析の実施・添削」「音楽理論の説明」「作曲方法論の説明」を扱います。

そのうえで、目指すレベルに最短で近づけるようにご希望に合わせてレッスン内容を個別で組み立てて実施していきます

「オリジナル曲の添削」について

言うまでもなく、作曲を上達させるうえで一番重要な取り組みです。

オリジナル曲を提出していただき、それについての評価や、より良くするためのアイディアなどを検討していきます。

「添削」というよりも、「〇〇というアイディアもあります」「〇〇するとさらによくなりますが、どうでしょうか」というような、ディスカッションに近い形で進められていきます。

添削と、それを受けた改善を繰り返していくことで、作曲レベルの向上を図ります。

「曲分析の実施・添削」について

「曲とは何か?」を知るために欠かせないのが「曲分析」という作業です。

既存のヒット曲やご自身のお気に入りの曲を、作曲的な視点から分析していきます。

ポイントとなるのはこの「作曲的な視点」、ということ。

曲をただ聴いて、なんとなく「良い曲でした」で終わっては何の意味も持ちません。

ここには教室独自の分析手法があるため、まずそれをお伝えしたうえで、初期の段階ではレッスンの中で分析を実施していきます。

その後、ご自身で分析実施できるようになることを目指します。

実施された分析内容を、さらにレッスンの中で改めて添削し、ディスカッションすることで、分析する技術を伸ばしていきます。

それをもとに曲の成り立ちを紐解く力を伸ばし、それをオリジナル曲に活用していくことを目的とします。

「音楽理論の説明」について

音楽理論は「作曲を楽にするツール」です。

音楽理論を知り、それを活用することで作曲をより簡単に、そして意図的に行えるようになります

自分の思うとおりに作曲をコントールするために、音楽理論の概念がとても役に立ちます。

と言っても、無駄に広範囲の理論を詰め込むくらいなら、まずは作曲を体感するほうが良い、というのが私の考えです。

そのため、まずは初心者段階の作曲に活用できる音楽理論として簡単なもののみを習得します。

そこから、レベルに合わせて徐々に高度な理論に移行していきます。

このステップを踏むことで、無理なく、そして音楽理論のありがたみを感じながら能動的にそれを習得していくことができます。

また、習得した音楽理論は曲分析の中でも活用することで実例として体感していきます。

「作曲方法論の説明」について

作曲を習得するうえで忘れられがちなのがこの「方法論」という観点です。

曲は適当に組み立てられているわけではなく、そこに「作曲者の意図」が存在します。

この「意図」を明確にするほど、作品の質は上がり、よりリスナーに伝わる作品に仕上がっていきます。

そのため、これらを踏まえて「どのように作曲を進めていくべきか」「どのように曲を組み立てていくべきか」という点について主に習得していきます。

作りあげる曲に作者として明確な意図を込めるためのやり方を知り、いわゆる「良い曲」を作るための基礎的なテクニックを身に付けます。

音楽理論と同じく、こちらも曲分析に導入することで実例を体感していきます。

実際の効果

ここまでを読んで、例の5つの柱に対して「本当にそんな効果があるものなの?」という疑いを持たれている方も多いはずです。

それを少しでもご理解いただく意味で、ここでレッスンを実際に受けたみなさんの声をご紹介します。

ひろさん(20代 女性) シンガーソングライター志望

  • 初回レッスン時:作曲初心者

初めは「初心者だけど本当に大丈夫かな..?」と不安な気持ちでいっぱいでしたが、実際にレッスンをして、今では オリジナル曲が書けるようになっただけではなく、自分が好きな曲を分析できる力もつき、本当に作曲が楽しくて、仕方ないです!!

みつさん(20代 男性) シンガーソングライター志望

  • 初回レッスン時:作曲歴数年

作曲する際、小難しいことを考えるばかりで何から手をつけて良いかと困っている時に内山先生に出会いました。

作曲専門の先生に的確なアドバイス・指導を受けることで曲の完成度がどんどん上がっていきました。


はたさん(20代 男性) シンガーソングライター志望

  • 初回レッスン時:作曲歴半年

私は作曲したいと思っていたものの、理論や知識がほとんどなかったのですが、今では次々と曲を作っています。
みなさんそれぞれが作曲に対して特別な才能を持っていたわけではなく、同じように作曲に不慣れな状態からスタートしています。

そこから徐々に作曲の基礎体力をつけることで、こちらが特に何も言わなくても自分だけの力で考え、良い曲を毎回作って聴かせてくれるようになっていきます。

中でも、「曲分析」の効果はとても大きく、これを楽しみながら真剣に取り組んだ方ほど上達が早いです。

レッスンを受けることのデメリット


ここまで述べたメリットに反して、レッスンにはデメリットもあります。

具体的には下記のとおりです。

直接対面できない

お伝えしている通りレッスンはインターネットを介して行われるため、「直接対面できない」という点がデメリットとなります。

直接対面できないため、お互いの微妙な表情や空気を読み取ることができず、また相手に触れることもできません。

直接会って話せば届くような小さな声でも、オンラインレッスンのマイクを介して話すと届かないこともあります。

ノートに書かれた小さな文字を見て欲しい、と思ったときも、対面レッスンではそのまま差し出すことができますが、オンラインレッスンではそれを教室に伝えるためにカメラに映していただく必要があります。

すべてがインターネット越しになる、という点は、オンラインレッスンの一番のデメリットであると言えます。

通信環境により通話品質が低下する

前項と同様に、オンラインレッスンを行うにあたりインターネットの通信環境が整っていなかったり、回線が混雑していると通信速度が低下することがあります。

それにより、Skype通話の品質も大幅に低下し、画面や音声にノイズが混入します。

ノイズが入れば画面は見えづらくなりますし、音声にノイズが入ると相手の声が聞き取りづらくなくなります。

これは、円滑にレッスンを進めていくうえでの大きな障害となります

また、通信遅延によって映像と音声にずれが生じることもあります。

ひどい時には通信が切れてしまい、レッスンを継続することが不可能となってしまうこともあります。

インターネットやPC・スマホに馴染みが薄い人には取っつきにくい

レッスンはすべてPCやスマホを使って、インターネットを介して行われます。

それは、PC・スマホを使ったインターネット接続に慣れていなければいけない、とうことを意味します。

Skypeアプリをインストールしてレッスン環境を整えたり、レッスン中にはファイルを送信したり、何かにつけて端末を操作することが求められます。

また、トラブルがあった場合にも、ある程度はそれに対処できる技能が必要となります。

日頃からそれらに馴染みがない生活を送っている方にとっては、「オンラインレッスン」という仕組みそのものが取っつきにくいものに感じられるはずです。

作曲しか学べない

他の作曲教室では、作曲に加えて「DTM」について学べるケースも多く、「音楽制作」という観点から考えるとこれは理にかなっています。

反面で、こちらの作曲教室ではDTMを専門外としており、DTMに関するレッスンは扱っていません

作曲を習得したのちにそれをDTMによって音源にしていきたい人にとっては、この点はデメリットとなります。

「作詞」や「楽器」を覚えたい方にとっても、同じようにデメリットとなります。

レッスンを受けるべき人


上記のデメリットを含め、ここまでを通してまとめた「当教室にてレッスンを受けるべき人」は、主に下記のような人です。

  1. PCやスマホを日頃から使いこなし、インターネットでWebサイトや動画を日常的に閲覧している人
  2. 自宅から通える範囲に作曲教室が無く、かつ誰かに教わって作曲を習得していきたい人
  3. 「作曲」のみに注力して、根本的な作曲技術を習得したい人

レッスンを受けるべきではない人

上記に反して、当教室にてレッスンを受けるべきではない人は下記のような人です。

  1. PCやスマホ、インターネットに馴染みが薄い人
  2. インターネット環境が整っていない人
  3. 「作曲とあわせてDTMを学びたい」という希望を持つ人

レッスン費用について

教室でのレッスン費用は、1回あたり70分で「5,000円」となっています。

これは「70分あたりに出費する金額」と考えると少々高いように感じます。

5,000円あれば、5日分の食費くらいになりますし、エレキギター弦のセットなら10セット近く購入できる金額です。

反面で、この「5,000円」を「70分のレッスンで習得できる知識とそこから得られる永続的な効果」に置き換えると…、どうでしょうか?

覚えた作曲の知識によって、それ以降作曲がより一段と楽になり、作る曲の品質が向上します。

その知識を活用することで、それ以降の作曲には明確な意図を持って取り組めるようになります。

その知識には期限がなく定着した知識は一生使えます。

そう考えると「5,000円」という金額も手頃なのかなと思えそうですが…、このあたりの感覚は人それぞれですね。

ご自身の価値観でご判断下さい(笑)。

レッスンに際して、これ以外にインターネット通信費用が毎回必要になります。

お問い合わせ後の流れ

教室にご興味がある方には、まず無料で行っている体験レッスンの実施をお勧めしています。

「体験レッスン申し込み」ページからお問い合わせいただき、日時を調整したうえで体験レッスンを実施します。

レッスンに対する不安はすべてその場にて確認いただけて、体験レッスンを受けるみなさんがそのような機会として活用されています。

最後に


ここまで長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

最後となりますが、冒頭で述べたように教室での「作曲の上達に欠かせない5つの柱」をもとにしたレッスンに一生懸命取り組むほどに、作曲の技術は向上します。

レベルアップに向けた道筋は見えており、また実際にそうなっている人を何人も見てきていますので、あとは本人のやる気次第、というところです。

反面で、目指すものと教室で実施しているレッスン内容がずれていたり、「なんとなくやってればそのうち上手くなるだろう」という適当な考えを持っている人は、レッスンを受けても決して作曲技術は向上しません。

音楽が好きで、作曲に対して純粋な想いをお持ちの方は、レッスンを受けることできっと充実した作曲生活を送れるようになるはずです。

ご興味のある方は、是非下記リンクより教室サイトにアクセスしてみて下さい。

体験レッスンは無料となっていますので、まずはそこでお話しできることを楽しみにしています。