プロフィール

内山敦支(うちやま あつし)

1977年8月9日生まれ
静岡市出身、千葉県在住
作曲の先生
作曲歴25年、講師歴8年
好きなアーティスト:ビートルズ他多数

16歳から独学でギター弾き語りによる作曲を始め、高校卒業後に上京、ソロ・ユニット等での音楽活動や、シンガーソングライターとしてインディーズレーベルからのシングルリリース・ラジオ/イベント出演などを経験しています。

作曲を始めた当時のこと

曲作りを覚えた当時は本当に作曲にハマってしまい、とにかく楽しくて、それと同時に作曲ができる自分のことを誇らしく思ったものです。

始めてから数年間は「作曲は自由に感覚だけでやるもの」という考えが強くて、それこそがアーティストのあるべき姿だと信じていました。

そして、当時の自分にとって作曲を勉強することは「格好悪いこと」でもありました。

作曲への行き詰まりと決意

しかしある時期から、それまで楽しくて仕方がなかった作曲が徐々に苦しいものになっていきます。

思い浮かぶメロディもコードも曲構成も、以前にやったことのあるものばかりで目新しさが無くて、曲を作りたいという気持ちはあるのに手が進まないというイライラが募っていきました。

沼に入り込んでしまったような、抜け出せないもどかしさを日々感じながら、それでもやっぱり作曲を捨てきれなかった自分はもう一度しっかりと向き合うことを決意して、そこから作曲を学び始めます。

「作曲を学ぶこと」の大切さを知る

その頃、ちょうど縁あってある人物と出会ったことから、その方にオリジナル曲を批評してもらいながら並行して音楽理論や作曲の方法論を学び、それらをもとに既存の曲を分析しつつ音楽をとにかく沢山幅広く聴くようにしていきました。

そうすると、それまでなんとなくやっていた作業が知識によって整理されて、「作曲」という行為を通して自分が何をするべきかが明確になっていきました。

「なるほど!」と膝を打ちたくなるような発見や気づきを何度も経験して、そこから以前よりもさらに強力な道しるべと前向きな気持ちを持って作曲に取り組めるようになったのです。

それからの私は、昔の自分が嘘だったかのように論理的な視点を持った曲作りを好むようになっていくのですが、それは「作曲を学ぶこと」の大切さを痛感した証拠だと思っています。

Webサイト開設、教室スタート、そして現在

その後、当時の自分と同じよう作曲に取り組むみなさんの役に立ちたいという思いから、持っている作曲の知識や経験を公開するためにWebサイト(※当サイト)を開設します。

また同時期にYouTubeへの作曲講座動画公開も始めて、2011年には自分自身の作曲教室をスタートさせました。

対面・オンラインを通してこれまでに作曲を教えて来た人数は延べ100人以上、いろいろな出会いがあり、いまだに連絡を取り合ったり、プライベートで仲良くなってしまった人も何人もいます。

現在は自身の作曲教室、および作曲勉強会を通して沢山の人と関わり、作曲の楽しさや奥深さを伝える日々を送っています。

メッセージ

私は作曲に出会い、少し大げさですが人生が変わりました。

多くの人にその楽しさや奥深さを知ってもらい、作曲に取り組みながら誇らしい気持ちで毎日を過ごしていってもらえればこの上なく嬉しいです。

活動歴

リリース

  • 「指先の風景/不思議なめぐりあい」(インディーズシングル)

ラジオ

  • 「みやざわの愛はとまらない」(FMりべーる)
  • 「電撃TAMAGO」(FM甲府)

  • 坂本龍一ラジオ「RADIO SAKAMOTO」にて作品オンエア
  • つのだ☆ひろプロデュース「Vocal Show Case」出演

最近の制作

SNSなど

  • YouTube
  • 作曲初心者向けに、作曲手順や作曲のコツ、音楽理論などを解説しています。また、曲分析もやっています。

  • Twitter
  • たまにつぶやきます。音楽関連がメインですが好きなもの全般でツイートしています。