作曲勉強会やっています

作曲初心者向け | 作曲超入門(1)具体的な作曲方法とやり方のコツ

作曲初心者の方にとって何より気になるのは

  • 作曲とはどんな作業なのか?
  • どんな手順・方法で行われるものなのか?
  • 自分にもできるものなのか?
という点かと思います。

私は普段から多くの作曲初心者のみなさんと接していますが、「作曲がいつまで経ってもできない」という方にはほぼ出会ったことはありません

以下のフォルダ画像はある生徒さんの作曲したアイディア音源をまとめたものの一部です。


出会った当時の彼はギターがちょっと弾ける程度で、作曲の経験はゼロという状態でした。

そんな彼でも後に述べるやり方で作曲に取り組んだことで、このフォルダにあるとおり一年間で次々と曲を生み出せるようになっており、それ以外の初心者のみなさんも同様に、同じ方法によって少しずつではありますが着実に作曲できるようになっていきます。

というわけで、こちらでは私が日頃から作曲初心者のみなさんに教えている作曲のやり方や手順の概要を解説していきます。

※今回の説明は「【ギターやピアノを使ったボーカルのある曲】の作曲方法」の解説です。
※その他の作曲を目指す方も概要は参考にしていただけるかと思います。

作曲とは?

メロディ・ハーモニー・リズムを作る

「作曲」とはすなわち「音楽を作る」ということです。

西洋音楽では「音楽の三要素」という概念があり、「音楽」は

  • メロディ
  • ハーモニー
  • リズム
によって成り立っている、とされています。

メロディは一般的に想像できる「歌」の部分で、声に出して歌える旋律が「メロディ」を指します。

ハーモニーは、和音(複数の音の重なり)がつながって変化することでさまざまな雰囲気を演出するものです。

またリズムは、手拍子のように「規律のある一定の動き」を指します。

カラオケを例にとると、みなさんの歌が「メロディ」で、スピーカーから流れて来る伴奏が「ハーモニー」と「リズム」を担っている、と解釈できます。

作曲においては「音楽」の要素となるこの三つ「メロディ・ハーモニー・リズム」を作る事が求められます。

「曲」は、ある程度の長さが必要

曲とはすなわち「楽曲」であり、「楽曲」は時間の経過とともに変化をしてリスナーに印象を持たせて何かを感じさせるものです。

例えばここに5秒程度の短い「歌と伴奏」があるとして、みなさんはこれを「楽曲」だと感じるでしょうか?…おそらく感じないはずです。

作曲は「楽曲」を作ることであるため、既に述べた「メロディ・ハーモニー・リズム」のまとまりをある程度の長さになるように伸ばして、そこからストーリーを感じられるように構成していくことが必要となります。

歌いながら、ギターやピアノの伴奏のみで表現できる状態を目指す

ハーモニーとリズムについて

前述の「ハーモニー」の箇所でお伝えした「和音」は、ポップスやロックでは「コード」と呼ばれています。

ギターやピアノには「コードフォーム」という概念があって、それに沿って弦や鍵盤を押さえて弾くことで和音を演奏することが出来ます。


また、コードのつながりは「コード進行」と呼ばれ、一般的に「ハーモニー」と同じ意味で扱われます。


コードのみによるギター・ピアノの演奏はハーモニーを最もシンプルに表現でき、かつリズム的な要素もあわせて表現することができます

メロディについて

ボーカルのある曲は「歌いながら作る」ということが基本となります。

これは「歌われる」ということが前提となるためで、メロディには歌にしたときの心地良さや無理のなさが求められるからです。

簡単に言えば、「歌」のある曲は「歌って」作るべき、ということです。


これらを踏まえ、「作曲」という段階においては
  • ハーモニーとリズム = コードのみによる伴奏
  • メロディ = 歌
によって表現することとして、「歌いながらギターまたはピアノのコード伴奏によって演奏できる状態」を作る事、を作曲の最終形として目指します。

ここまでのまとめ

ここまでで述べた内容をまとめると以下の通りとなります。

  • 「メロディ」「ハーモニー」「リズム」を作る
  • ある程度の長さが必要
  • 「歌」と「ギターまたはピアノのコード伴奏」を作る事、を目指す
これ以降は初心者向けの作曲手順について概要を解説していきます。

作曲の手順概要

初心者向けということを前提として、具体的にどのような方法で作曲を進めて行くのか、という観点で概要を解説していきます。

まず、私が日頃からみなさんに教えている作曲の手順は大きく下記のような流れとなっています。

  1. 楽器でコードをひとつ鳴らす
  2. その伴奏の上でメロディを考える
  3. コードを二つ目のものに変える
  4. メロディをさらに伸ばす
  5. コードを三つ目以降のものにさらに変えていく
それぞれの項目について簡単に解説していきます。

1. 楽器でコードをひとつ鳴らす

まず、ギターまたはピアノにて特定のコードを鳴らします

コード演奏の際には、下記リンクにあるようなギターコードフォーム、およびピアノコードフォームを確認しておくと作業が進めやすいはずです。

参考 ギターコードフォーム一覧楽器.me 参考 ピアノコードフォーム一覧楽器.me

2. その伴奏の上でメロディを考える

次に、コードの響きをよりどころとしてその上で自由にメロディを歌いながら考えます。

ポイントとなるのは、既に述べた「歌いながらメロディを考える」という点です。

※コードの上でメロディを自由に歌うことについて、詳しくは下記ページをご確認ください。
コードの伴奏の上で自由にメロディを歌うことの概要とそのコツについて

3. コードを二つ目のものに変える

次に、あるタイミングにてコードのみを最初に鳴らしていたコードではないものに変更します

(二つ目として使用できるコードにはいくつかの法則がありますが、こちらでは省略します)

具体的には、例えば一番目のコードとして「C」を鳴らしている場合には下記のようなコード進行を作っていく、ということを指しています。

  • 「C → Dm」
  • 「C → G」
  • 「C → Am」

4. メロディをさらに伸ばす

次の手順として、出来上がった二つのコードによる伴奏をもとに最初に思いついたメロディをさらに伸ばします

より具体的に言えば、

  1. コードによる伴奏がある
  2. その上で自由にメロディを歌って考える
  3. コードが二つ目のものに変わる
  4. その際に「既に歌っていたメロディ」があるので、それを発展させるように二つのコードにまたがるようなメロディにしていく

というような発想を持って作業を進める、ということです。

5. コードを三つ目以降のものにさらに変えていく

ここから後は、ここまで「コード(一つ目)」→「メロディ」→「コード(二つ目)」→「メロディ」と考えてきたことを繰り返していきます。

メロディとコードを互いに伸ばしながら、それぞれを発展させていくような方法で進めていくということです。

「メロディ」と「コード」が互いに追いかけっこをするように伸びて行く形が理想的です。

6. その後への展開

曲はその後「Aメロ」「サビ」などのブロックに展開し、そこからさらに大きな一曲にまとまっていきます。

ここでは「超初心者の方に向けた解説」ということで、ここまでの説明に留めておきます。

作業のポイント

上記の手順を進めていくにあたり、ポイントとなるのは「コードをどう操るか」「メロディをどのように思い浮かべるか」「曲をどのように組み立てていくか」などです。

これらの知識がしっかり備わっていて、それをスマートにこなせるほど曲作りは簡単に、かつ速くなります。さらには曲が良い曲になっていきます。

初心者の時点で全てを完璧にこなすのは難しいですが、やっていくうちに少しずつコツをつかんでいくはずです。

まとめ

ここまで、作曲超初心者向けに作曲とその手順の概要を解説してみました。

初心者の時点では、まず上記手順を把握してメロディを歌ったり伴奏となるコードをつなげていく作業に慣れることです。

「果たして自分に出来るのだろうか…」と考えてしまいそうですが、まずは気楽な気持ちで取り組んでみて下さい。

楽しみながら、まずはやってみましょう!

次の記事ではメロディを作るためのコツについて解説しています。

作曲初心者向け | 作曲超入門(2)メロディを作るためのコツ