音楽理論 | 転調(1)転調の概要(転調とは中心音とそのグループを変えること)と調の種類

こちらでは「転調」に関する知識として、そもそも「『転調』とは何か?」ということと、転調を実施するときの基礎知識となる「調の種類」について解説していきます。

あわせて、記事最後では動画による解説も行います。

転調の種類や、その具体的な実施方法については、下記をご参照ください。

音楽理論 | 転調(2)転調の種類 音楽理論 | 転調(3)転調の方法

「転調」の概要

そもそも「転調」とはなにか?

「転調」とは「『調』を『転換』させること」を表す言葉です。

曲は一般的に「調」という「一定の音の集まり」を中心として成り立っていることがほとんどで、「調」には「メジャー(長調)」が12個、「マイナー(短調)」が12個存在します。

※「調」は、ポップス・ロックでは「キー」と呼ばれます。

前述の通り「転調」とは、例えば「Cメジャー」で成り立っている曲があるとして、それを曲の中のあるポイントで「Gメジャー」に変える、というようなことを指します。

ここで「Cメジャーとは?」という疑問がわきますが、このあたりを深く理解するにはそもそも「調」というものがどのように成り立っているかを把握しておく必要があります。

「調(キー)」について

既に述べた通り「調」には大きく「メジャー(長調)」と「マイナー(短調)」が存在しています。

そして、これらには「メジャースケール(長音階)」「マイナースケール(短音階)」が関わっています。

平たく言えば「メジャースケールを使用するのがメジャーキー(長調)」「マイナースケールを使用するのがマイナーキー(短調)」であるといえます。

では「メジャースケールとは何か?」というと、それは身近な例では「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」の並び方のことを指す言葉です。

※「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」は「ド(C)」を中心とした並び方であるため、「Cメジャースケール」と呼ばれます。

話を少し戻すと、例としてこの「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ(Cメジャースケール)」を使用して出来上がっている曲のキー(調)が「Cメジャー」、ということになるわけです。

「調(キー)」とは「どんな音をメインで使うか」ということ

これは、裏を返せば「キー=Cメジャー」の曲には「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ(Cメジャースケール)」が使われている、ということにつながります。

「転調」は既に述べた通り「調(キー)を変えること」であるため、例えば「Cメジャー」を「Gメジャー」に変えると、曲の中で使う音が「Cメジャースケール」から「Gメジャースケール」へと変わるのです。

※「ド(C)」を中心とした「Cメジャー」と同じように、「ソ(G)」を中心とした「Gメジャースケール」という存在があります。

このあたりは、より詳しく解説するとさらに深い話になっていくため、こちらでは割愛します。

メジャースケールについて、詳しくは下記ページをご参照ください。

音楽理論 | メジャースケールの内容とその覚え方、割り出し方、なぜ必要なのか?について

結局のところ「転調」とは?

ここまでをまとめると、結局のところ「転調」とは「『中心となる音』と『それによって成り立つ音のグループ』を変えること」であるといえます。

(ご説明した通り、「調(キー)」がそもそも「どんな音を中心としたグループを使うか」ということを意味しているため)

転調が実施されることによって意外性のある曲展開や場面転換を感じることができますが、上記のとおり「『中心音』と『使われている音のグループ』が変わる」ということがその理由となっているのです。

スケール以外の音について

「調」を理解するときに注意すべきなのが「スケール以外の音も使用される」ということです。

例えば「Cメジャー」のキーでは「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」をメインとして使用しますが、もちろん「ド#」や「ソ#」なども使用されます。

キーを形作る音(「Cメジャー」のキーでいう「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」の音)は、あくまでメインとして使用する音、という風に認識してください。

「調」と、その代表的な種類

ここからは転調を実施する際の実用的な知識として、調の種類を関係性の深いものに絞り整理します。

主調

まず曲が持っている「調」を「主調(しゅちょう)」と呼びます。

「キー=Cメジャー」という前提がある場合、すなわち主調は「Cメジャー」であり、それ以外の各調はこれを軸として割り出していきます。

こちらでは、わかりやすく「主調=C(メジャー)」として話を進めていきます。

属調と下属調

主調「C」で使用される「Cメジャースケール」の五番目の音は「ソ(G)」となりますが、その音を中心としたメジャースケール(Gメジャースケール)が使用されるキー(G)を「属調(ぞくちょう)」と呼びます。

また四番目の音「ファ(F)」を中心としたメジャースケール(Fメジャースケール)が使用されるキー(F)を「下属調(かぞくちょう)」と呼びます。

これら「属調」「下属調」は、「主調」と最も馴染み深い調であるとされており、これはコード進行の基本がスリーコード「C → F → G → C(I → IV → V → I)」になるのと同じである、と覚えると理解しやすいはずです。

平行調

「Cメジャースケール」を六番目の音「ラ」から並び替えただけのスケール「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ」(Aマイナースケール)が使用されるキー(Am・Aマイナー)を「平行調(へいこうちょう)」と呼びます。

同主調

「主調=C」はメジャーキーですが、同じく「ド」を中心とした「Cマイナースケール」を使用する「Cm・Cマイナー」というキーが存在します。

そのキーを「同主調(どうしゅちょう)」と呼びます。

「C」に対する「Am」のように、「メジャースケール六番目の音から並び替えただけのマイナースケール」は「キー=G」や「キー=F」にも存在します。

これらはそれぞれ「G」=「Em」、「F」=「Dm」となりますが、それぞれの「平行調」であることから「属調平行調(ぞくちょうへいこうちょう)」「下属調平行調(かぞくちょうへいこうちょう)」と呼びます。

調の種類(まとめ)

各調の呼び名を改めて整理すると下記のようになります。

  • 主調「C」
  • 属調「G」
  • 下属調「F」
  • 平行調「Am」
  • 同主調「Cm」
  • 属調平行調「Em」
  • 下属調平行調「Dm」

これらの調はそれぞれが馴染み深い調であることから「関係調(かんけいちょう)」(または近親調[きんしんちょう])と呼ばれています。

これら関係調はそれぞれに似たような音が使われているため、転調の際リスナーに違和感無く受け入れられるとされています。

また調が関係調から離れるほどにもとある調と比べて使われる音の種類が変わるため、その調への転調は違和感のあるものとして捉えられます。

それは大きな意外性につながり、反面で関係調に対する転調は音の変化が少なく意外性に乏しいものとして感じられます。

動画で解説

文章ではよくわからない!」という方のために、下記動画でも調とその種類について解説しています。

是非参考にしてみてください。

まとめ

下記、ここまでのまとめです。

  • 「転調」とは「調の転換」のことで、それはすなわち「『中心音』と『音のグループ』を変えること」を意味する
  • 「主調」に馴染み深い調を「関係調」と呼ぶ
  • 関係調への転調は音の変化が少ない、それ以外の調への転調は音の変化が大きい

ポップス・ロックにおいて「属調」「下属調」のような言葉が使われる局面は少ないですが、主調に対してどんな調がそれにあたるのか、という点をしっかりと理解しておくことが大切です。

転調の概要についてまず理解し、それを効果的に実施できるようにするために、まずは「調」の種類について理解を深めましょう。
次の記事では、転調の種類について解説しています。

音楽理論 | 転調(2)転調の種類