ダイアトニックコードとスリーコード(成り立ちとコードの役割などについて)

ポップス・ロックの作曲において欠かせない「ダイアトニックコード」という概念があります。

こちらのページでは「ダイアトニックコードとはそもそも何なのか?」、そしてそれらをもとにした「コードが持つ機能」について解説していきます。

あわせて、そこに含まれる代表的なコードである「スリーコード」とその活用方法についてもご紹介します。

※ページの最後では「ダイアトニックコードをどう覚えるか?(どう割り出すか?)」という点について解説したページもご紹介しています。

解説のあとにそちらのページを確認いただくと、ダイアトニックコードについてより理解が深まるはずです。

ダイアトニックコードの概要

「ダイアトニックスケール」について

「ダイアトニックコード」は「ダイアトニックスケール」という音の並び方がその名称の元になっています。

「ダイアトニックスケール」とは広い意味で「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」のことを指す音楽用語で、「(法則に沿って)1オクターブを七つの音階に分けた状態」を指してそう呼ばれます。

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の並び方である「メジャースケール」や、それを「ラ」からはじめた「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ」の並び方である「マイナースケール」は共に「ダイアトニックスケール」に分類されます。

※「メジャースケール」「マイナースケール」解説ページ
メジャースケールの内容とその覚え方、割り出し方、なぜ必要なのか?について マイナースケール(ハーモニックマイナー・メロディックマイナーを含む三種の解説)

一般的に「ダイアトニックコード」という言葉を使う時、その多くは上記メジャースケールをもとにした「メジャーダイアトニックコード」のことを指します。

こちらではそれを前提として解説を進めていきます。

スケールをもとに作られるコードのグループ

「ダイアトニックコード(メジャーダイアトニックコード)」はメジャースケールに含まれる七つの音それぞれを起点として作られた、七つのコードによるグループです。

例えば「キー=C」のダイアトニックコードは、前述の「Cメジャースケール=ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の各音を最低音とした七つのコードによって成り立っています。

コードは「根音=ルート」と呼ばれるそれら最低音から、例えば「ド・ミ・ソ」や「レ・ファ・ラ」というように、低い音からスケールに沿って間に1音を挟みながら、音を重ねて作られます。

以下は「Cダイアトニックコード」に含まれるコードの一覧です。

例:キー=C のダイアトニックコード

コードを成り立たせている音のことを「構成音」などと呼びます。

コードの構成音を見るとわかる通り、それぞれのコードはスケール内の7音それぞれをルートとして、そこから「ド・ミ・ソ」「レ・ファ・ラ」…と音をひとつ飛ばしで重ねて作られています。

「ダイアトニックコード」はスケール内の音しか使われていない

改めて上記の表を見ると、すべてのコードが「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の音だけによって成り立っていることがわかります。

スケールに沿って音を重ねているためこれは当然なのですが、言い換えればこれは「メジャースケールから外れた音が無い」ということを意味します。

ポップス・ロックの曲はメジャースケールの音を土台として成り立っており、ダイアトニックコードはそのメジャースケールをコードに置き換えたものです。

すなわち「ダイアトニックコードはあらゆるコード進行を作るうえでの基礎になる」ということです。

そして、当然のことながら「メジャースケールで歌われるメロディ」には「ダイアトニックコード(メジャーダイアトニックコード)」によって作られたコード進行がしっかりと合います。

コードの機能

スリーコード

ダイアトニックコードの中でも、「一番目(I)」「五番目(V)」「四番目(IV)」にあたるコードは特に主要なコードとして「主要三和音=スリーコード」という呼び名で扱われます。

前述の表でいう「C」「G」「F」のコードがそれにあたります。

スリーコード内の三つのコードそれぞれには、その響きをもとにした機能的役割があります。

以下はその一覧です。

  • 「I(C)」= 安定(トニック:T) 「落ち着く」
  • 「V(G)」= 不安定(ドミナント:D) 「落ち着かない」
  • 「IV(F)」= 一時不安(サブドミナント:SD) 「少し落ち着かない」

カデンツ

前述の「安定」「不安定」「一時不安」という三つの響きはコード進行に表情を与える役割を持ち、曲の中でそれらを活用しながら文章でいう「起承転結」のようにストーリーを演出することができます。

この「コード機能によるストーリー」は「安定(トニック)に回帰する」ということを基本として、クラシックの世界で「カデンツ」という名称によって以下の三種類に整理されています。

※「T」=トニック(安定)、「D」=ドミナント(不安定)、「SD」=サブドミナント(一時不安)

  • 「T → D → T」(C → G → C)
  • 「T → SD → D → T」(C → F → G → C)
  • 「T → SD → T」(C → F → C)
ポップス・ロックの作曲では、上記「カデンツ」がコード進行の「型」のような存在となります。

実際には、この三種をさまざまな解釈によってアレンジしていろいろなコード進行へと発展させていきます。

解説のまとめ

ここまで、ダイアトニックコードとその概要、コードの機能、カデンツについて解説してきました。

以下はそのまとめです。

  • 「ダイアトニックコード」とは「スケールをもとに作られるコードのグループ」である
  • 中でも「I」「V」「IV」は主要な三つのコードとして「スリーコード」と呼ばれる
  • コードが持つ機能を活用して、コード進行のストーリーを演出する

既に述べた通り、ダイアトニックコードはコード進行を作るうえでの基本となるものです。

上記をもとに、スリーコードを実際に鳴らしながらそれぞれのコードの響きを体感してみて下さい。

ダイアトニックコードからすべてが始まります。

関連ページ

以下のページでは「ダイアトニックコードの覚え方(割り出し方)」について解説しています。

こちらも是非参考にしてみて下さい。
ダイアトニックコードの覚え方(割り出し方)