【コードとは?】 音楽で扱われている「コード」はどのように成り立っているか?を考える

ポップス・ロックなどの音楽を作曲したり演奏したりする上で欠かせないのが「コード」の概念です。

こちらのページでは、「コード」とは何か、それらはどのように成り立っているのか、という点について解説していきます。

なお「コード進行」については以下のページをご確認ください。
【コード進行とは?(コード進行の作り方)】どのような手順に沿ってコード進行は作られるのか?を考える

コードの概要

「コード(Chord)」とは、日本語でいえば「和音」のことです。

それは「音の重なり」のことを意味し、複数の音が同時に鳴っている状態のことを指します。

音は重なることで独特な響きを生みますが、コードはその重ね方や響きを簡潔に整理し、簡単に再現できるようにしたもの、と捉えることができます。

12音の中から選ばれた「心地良く響く複数の音」

そもそも、音楽で扱われる音は全部で12種類あります。

これはピアノの鍵盤をイメージするとわかりやすいはずです。

この図を見ると、低い「ド」から高い「ド」に至るまで、白鍵が7つ、黒鍵5つあることが確認できます(7+5=12)。

この中から複数の音を同時に鳴らそうとするとき、選ぶ音によっては響きがぶつかってしまい綺麗に聴こえないことがあります。

そのため「心地良く響く複数の音の状態」が既にいくつも整理されており、一般的にはそれらを総称として「コード」と呼びます。

よく目にする「C」や「Am」などがそれにあたり、音の種類を端的に表現するためコードにはそのような「コードネーム」が付けられています。

コードネームのアルファベットは「ド・レ・ミ~」の英語表記

音の名前として広く知られている「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」という呼び名は、イタリア語をもとにして表記されたものです。

これを、英語では「C・D・E・F・G・A・B」と表記し、前述の「C」や「Am」というコードネームはそれが元になっています。

コードとその成り立ちを理解しようとするとき、上記のアルファベット表記を親しみのある「ド・レ・ミ~」にすぐ変換して理解することがポイントとなります。

コードは通常三つ以上の音から成り立つ

既に述べた通り、コードは「12音の中からいくつかの音を選んで同時に鳴らした状態」として定義することができます。

そのうえで、通常「コード」という言葉を使う時は「三つ以上の音が同時に鳴っている状態」を指すことが多いです。

※反面でそれを前提としつつ、その中からあえて二音のみを選んで鳴らした「パワーコード(5度コード)」というようなものも存在します。

ここでは、三つの音から成り立つコード(三和音)を前提として解説を進めます。

コードの成り立ち

コードを理解しようとするとき、最も気になるのは「どのような音がどのように重ねられているか」という点です。

以下に、代表的な二種類のコードの成り立ちを示します。

1. メジャーコード

数あるコードの中でも代表的な存在といえるのが「メジャーコード」です。

メジャーコード例1:「C」

以下は、その中でも特に代表的な「C(シー)」というコードを構成する三つの音を図に表したものです。

(ここでは視覚的なわかりやすさに配慮して、鍵盤の図を活用しています)

通常、コードを構成する音(構成音)の中で最も低い音は「根音=ルート」と呼ばれ、その音名がコードネームの大文字アルファベット部分にそのまま表記されます。

このコードは「ド」の音がルートであるため、コードネームに「C」というアルファベット使われています。

その隣にある音は「ミ」の音で、ルート「ド」との間に3個の音を挟んでいることがわかります。

さらにもうひとつの音としてあるのが「ソ」の音で、上記「ミ」との間に2個の音を挟んでいます。

これがコード「C」を構成する三つの音「ド・ミ・ソ」です。

「メジャーコード」とは、三つの音をこの音程で重ねた状態を指すコードの総称です。

メジャーコード例2:「D」

もう一つの例として、以下は同じくメジャーコードのひとつである「D(ディー)」を構成する三つの音を図に表したものです。

ここでもルートとなっているのはコードネームにある「D=レ」の音です。

「C」での例と同じように、そこから3個の音を挟んで「ファ#」、さらに2個の音を挟んで「ラ」という構成音によって成り立っていることがわかります。

すなわち、コード「D」の構成音は「レ・ファ#・ラ」となります。

メジャーコードの音程

上記二つの例のように、ルートとなる音を起点として、そこから「間に3個→間に2個」という順番で音を挟んで重ねていけばメジャーコードの響きが完成します。

また、既に述べた通りコードネームとなるアルファベットはルートの音名そのものです。

音は全部で12種類あるため、それらをルートとした12種類のメジャーコードが存在することになります。

2. マイナーコード

メジャーコードに次ぐ存在として扱われるのが「マイナーコード」です。

マイナーコードは「Dm」のように表記され、アルファベットに小文字の「m」を併記し、それを「マイナー」と読みます。

マイナーコード例:「Dm」

以下は、「Dm(ディーマイナー)」を構成する三つの音を図に表したものです。

構成音をわかりやすく把握するため、改めて前述のメジャーコード「D」の図を以下に並べます。

双方を比較すると、真ん中にある「ファ」と「ファ#」の音のみに違いがあることがわかります。

構成音の中で、最も低い音の「レ」がルートとしてアルファベット表記されるのは「Dm」と「D」共に同じです。

また、最も高い音の「ラ」も双方を比べて変化がありません。

コード「Dm」の構成音にある「ファ」の音のみが、コード「D」の「ファ#」から半音下がった状態になっています。

マイナーコードの定義

上記を踏まえると、マイナーコードは「メジャーコードの真ん中の音を半音下げた状態」として定義することができます。

※この「真ん中の音」は、正確には「3度」と呼ばれます(後述)。

またこれにより、「Dm」の例ではルート「レ」から2個の音を挟んで「ファ」、そこから3個の音を挟んで「ラ」、という音の関係となっています。

前述のメジャーコードがルートを起点として「間に3個→間に2個」という順番で音を挟んで重ねられていたのに対し、マイナーコードではこれが「間に2個→間に3個」という形に変わっている、ということです。

コード構成音と度数

ここまでにご説明した「メジャーコード」「マイナーコード」が、三つの構成音からなる「三和音」のコードを代表する二種類です。

これらは「コード」という概念を象徴するものです。

そのうえで上記で挙げた「D」を例にとると、本来その構成音「レ・ファ#・ラ」という三音のそれぞれは、

  • レ=完全1度(ルート)
  • ファ#=長3度
  • ラ=完全5度

などと呼ばれます。

また、これと同じルート「レ」を持つマイナーコード「Dm」はここから3度(ファ)のみが半音下がり、

  • レ=完全1度(ルート)
  • ファ=短3度
  • ラ=完全5度

となります。

この「1度」「3度」「5度」という表記は音程の関係を表したものですが、より複雑な概念を持つためこちらのページでは解説を割愛します。

まとめ

ここまで、「コード」とその成り立ちについて解説してきました。

まとめると以下のようになります。

  • コードは音の重ね方や響きを簡潔に整理し、簡単に再現できるようにしたもの
  • 通常「コード」という言葉を使う時は「三つ以上の音が同時に鳴っている状態」を指す
  • コード構成音の中で最も低い音は「根音=ルート」と呼ばれる
  • 代表的な二種類のコードは「メジャーコード」と「マイナーコード」
  • 「メジャーコード」=ルートの音の上に3個音を挟んで2番目の音、その上に2個音を挟んで3番目の音、という順番で3音を重ねて作る
  • 「マイナーコード」=ルートの音の上に2個音を挟んで2番目の音、その上に3個音を挟んで3番目の音、という順番で3音を重ねて作る

実際には、作曲などにおいてコードを扱う場合、これら構成音のことを意識することなく作業を進めていくことが出来ます。

反面で、音楽理論をしっかりと理解したり、コード同士の結びつきを考える際にはコード同士のルートのつながりや構成音の関係が瞬時に把握できると便利です。

実際にコードの音を鳴らしながら、是非これらの理解を深めてみて下さい。

コードをしっかりと把握するためには「音程」について理解することが大切です。

補足

以下のページではここまでに解説した三和音のコードをさらに発展させた「四和音」のコードについて解説しています。

こちらも是非参考にしてみて下さい。
セブンスコード(四和音コード)の成り立ちや意味などについて