オンラインレッスンやっています

「作曲の上達に欠かせない5つの柱」とは?


オリジナル曲を作るにやるにあたって、やっぱりやる以上は良い曲を書きたいものです。

しかし、ただ気ままに曲を作っているだけではそれなりの曲しか出来上がりません。

また、上達にも時間がかかってしまいます。

では効率よく、しかも確実に上達するためにはどんなことを実践していけばいいのでしょうか?

こちらのページではそれらを踏まえて、「作曲の上達に欠かせない5つの柱」という概念をご紹介していきます。

作曲初心者が抱える多くの悩み

確信が持てない

曲作りを始める理由はみなさんそれぞれですが、いざやってみると案外難しいものですよね。

「メロディが思いどおりに浮かんでこない」「コードをどんな流れでつなげばいいかわからない」「曲展開のさせ方がわからない」など。

いろいろな場面で迷ってしまうはずです。

メロディやコード、また曲全体を含め「それっぽいもの」は出来るはずです。

しかし、なんとか形に出来たそれらも、「これでいいのかな?」という仕上がりになることがほとんどかと思います。

そこから曲作りを繰り返していけばそれなりに制作活動は続いていくのですが、どうにも自分自身の作業に確信が持てず、効率が良くない気がする…。

いわゆる「作曲をものにする」ためには一体どんなことをやっていけばいいのだろう?とやっぱり気になってしまいます。

作曲上達のためのメカニズム

最も効率的で確実な「上達への道筋」

何ごとにおいてもそうですが、上達に向けた道筋はひとつではありません。

そんな中で「最も効率よく、最短期間で確実に上達できるやり方」こそが、みなさんに一番喜ばれるものであるはずです。

私は16歳から作曲を始めて25年以上、これまで作曲に対して多くの時間を使ってきました。

そんな自分が、作曲に対して考え、悩み、時に遠回りをして学んだり、ここ数年は人に教えるということを通して割り出すことのできた「作曲上達への道筋」があります。

それこそが、この記事のタイトルにもなっている「作曲の上達に欠かせない5つの柱」という概念です。

これは文字通り「作曲を上達させるために取り組むべき事柄」で、効率的なレベルアップにはこれらの実践が欠かせません。

これは、裏を返せばこの「5つの柱」にしっかり取り組むことで最も効率よく、確実に曲作りを上達させることができる、ということを意味します。

ある方の実例

本サイト内の他記事にも記載していますが、ある方は私と知り合った頃にはまだ作曲をやったことがなくてギターが少し弾ける程度でした。

彼は多くの初心者と同じように自分自身の曲作りに確信が持てず、思うように上達できないことで作曲に対して悩みを抱えていました。

そんな彼に前述の「5つの柱」を実践してもらったところ、徐々に自分の力だけで曲を生み出せるようになり、結果的には私でも驚くような良い曲を作れるようになっていったのです。

下記の画像は、彼の作った曲アイディアの音源ファイルをまとめたものです。

作曲について右も左もわからない状態だった彼が、ここまで沢山の曲を作れるようになったことを思うと、感慨深いものがあります。

「作曲の上達に欠かせない5つの柱」の詳細

「5つの柱」の中身

ここまでお伝えしている「作曲の上達に欠かせない5つの柱」ですが、その内容は以下の5つです。

「作曲の上達に欠かせない5つの柱」

  1. 曲作りの実践
  2. 曲分析の実践
  3. 音楽理論の習得
  4. 作曲方法論の習得
  5. 曲を沢山聴く
作曲を効率的に、かつ確実に上達させるためにはこれらのうち一つでも欠かすことができません。

より具体的に言えば、この5つの中で「曲作り」を大きな柱とします。

そして、残りの4つをそこに集約させるように実践する、というやり方で日々作曲を学び、そのサイクルを回すように取り組んでいきます。

これ以降は、5つそれぞれの詳細についてご紹介していきます。

「1. 曲作りの実践」について


まず一番目の「曲作りの実践」についてですが、これが作曲上達に対する最も大切な取り組みです。

曲作りを上達させたければ、それを繰り返し行うことは絶対に欠かせません。

日々の取り組みの中では、自分一人の力で曲を作り、完成した曲を振り返って、そこで何が出来ていて何が出来ていないのかを明らかにします。

そうして何度も作曲を重ねていくことで段々とスムーズに、確信をもって作業を進めていくことが出来るようになっていきます。

また「5つの柱」のうちの他4つすべてを「曲作りの実践」に集約させていくため、それらの習得と比例して曲作りも上達していきます

「2. 曲分析の実践」について


「曲作り」の次に大切なのが、この「曲分析の実践」です。

「曲分析」とは、すなわち「既存の曲を作曲者の視点から紐解く作業」です。

これを行うことで「『曲』とはどのようなものか?」が理解できるようになります。

曲の成り立ちがわかることで、どのようにそれを組み立てればいいかが理解できます。

結果として、作曲の技術は向上していきます。

また、分析実施にあたっては「何を分析するか」という観点も必要になります。

私が身近なみなさんに取り組んでもらっている曲分析手法は既にマニュアル化されていますが、自分なりに分析を進めていく場合でも、作曲上達につながる項目を作曲者として意図を持って無駄なく分析していくことがポイントです。

そして、そこで習得した「分析力」を自分自身の曲作りに応用していくことで、それを作曲上達につなげていきます。

「3. 音楽理論の習得」について


曲作りを円滑に進めていくためのツールとなるのが、ここで習得する「音楽理論」です。

一般的に言われる「音楽理論」の範囲はとても広いものですが、ポピュラー音楽の作曲におけるそれは、主に「コード」と「スケール」についての知識を指します。

作曲レベルに合わせて段階的に音楽理論を学んでいくことで、曲作りの際のコード進行構築やメロディ作りが意図的なものに変わっていきます。

理論的な裏付けを持った作業は、時間の短縮と作業水準を保つことにつながります。

メロディやコード進行を考えるにあたり、その場の思い付きや勢いに関係なく、いつでも水準以上の結果を出すことができるようになる、ということです。

また、音楽理論は「曲分析」においても活用することができて、理論的な側面から既存曲を紐解くことでさらに理解を深めることができるようになります。

「4. 作曲方法論の習得」について


音楽理論と共に欠かすことができないのが「作曲の方法論」です。

これは、具体的には「曲をどのように組み立てていけばいいか」という内容を体系化したものです。

この方法論を知ることで、音楽理論と同じく、一曲を完成させる作業が理論的な裏付けを持ったものに変わります。

音楽理論と同様に、それは作業時間短縮と作業水準の維持につながります。

平たく言えば「作曲の方法論」は「良い曲にするための方法」とも言えます。

こちらも同じく曲分析に活用することが出来て、実例に触れることで、実際の曲作りにもそれらを活用していくことが出来るようになります。

「5. 曲を沢山聴く」について


「5つの柱」最後の一つが「曲を聴く」という取り組みです。

これは、アウトプットを増やすためのインプットにあたる作業です。

沢山の音楽をとにかく幅広く聴くことで、音楽のいろいろなパターンを知ることが出来ます

さまざまなアイディアをそこから連想したり、素晴らしい作品に触れることで制作欲求を高めることにもつながります。

この「曲を聴く」という行為を「曲分析」につなげ、それを「曲作り」につなげていくのが理想のサイクルです。

最後に


ここまで「作曲の上達に欠かせない5つの柱」をご紹介してきました。

「曲分析」によって曲の成り立ちを理解し、「音楽理論」と「作曲方法論」を知って「沢山の音楽を聴く」。

その上で「曲作り」に取り組めば、納得できる曲が作れるようになっていくのは当然です。

やみくもに曲作りを続けるのではなく、この「5つの柱」のような指針を得ることはモチベーションの維持と無駄のない上達のために大きな意味を持ちます。

こちらのサイトでもそれに関連したいろいろなアイディアを随時ご紹介していきますので、それらも参考にしながら是非この「5つの柱」に取り組んでみてください。

やれば必ず結果が出ますので、努力を積み重ねて着実にレベルアップしていきましょう!

徐々に、そして確実に上手くなっていきます。

曲分析マニュアルプレゼント

現在ご希望の方のみに、前述した「曲分析マニュアル」をプレゼントしています。

これは私の経験と実績をもとに、多くの方に実施してもらいながら改版を重ねて完成させた独自の曲分析手法をマニュアル化したものです。

曲分析として確認すべき事柄や分析の順番、分析の際の心掛けなどがまとめられており、これ一冊だけで無駄なく効果的な曲分析作業が進められるように構成されています。

曲分析を実施していくにあたりお力になれるかと思いますので、ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

送信前に内容をご確認のうえ、チェックボックスをクリックしてください。