キーの変更によるコード進行およびメロディの変え方解説(移調によって元のコードとメロディがどう変わるか?)

カラオケによって「曲のキーを変える」という概念は広く認知されましたが、実際のところそれを自分の作曲や演奏でやろうとすると、どのようにすればいいか迷ってしまうものです。

こちらのページでは、そんな「キーの変更」に関する詳細として、コードおよびメロディをどう変えればいいか、という点を解説していきます。

(おさらい)キーの並び順

そもそもキーは12種類あり、この「12」という数字はピアノの鍵盤(以下図)にある音の数を指しています。

上記図を見るとわかる通り、鍵盤には「白鍵=7個、黒鍵=5個」で「計12個」の音が存在しており、それぞれの音程は厳密にはこのように等間隔で並んでいます。

キーの変更を考える際には、まずこの鍵盤の図(鍵盤にある音を等間隔で並べた図)を頭に思い描くことが第一歩となります。

check
厳密には「メジャーキー=12個」「マイナーキー=12個」ですが、これ以降で解説するやり方はメジャー/マイナーのどちらにも流用できます。

キー変更のやり方

キー変更の原理はとても簡単で、前述した「鍵盤の図」に沿って音を数えていくだけです。

キー変更の度合いから「変更後のコードやメロディ」を割り出すやり方

例えば、

C→Am→G

のようなコード進行が扱われていたとします。

そのうえで、例としてこのキーを「+2」(二つ上げる)としたい場合には、「鍵盤の図」で音を数えながらコードを変えていくことができます

まず、「C」は「ド」をルートとして成り立つコードであるため、「ド」の音を「+2」=二つ上に移動させ「レ=D」になる、とわかります。(以下図)

次に、「Am」は「ラ」をルートとして成り立つコードであるため、「ラ」の音を「+2」=二つ上に移動させると「シ=B」になることから、「Bm」というコードを導くことができます。(以下図)

「G」は「ソ」をルートとして成り立つコードであるため、「ソ」の音を「+2」=二つ上に移動させ「ラ=A」になります。(以下図)

つまり、

C→Am→G

というコード進行は、「+2」=キーを二つ上げた場合、

D→Bm→A

になる、ということです。

「#」「♭」系のコードも同じ

この方法は、コードにある「アルファベットの部分(ルート音)」をそのまま「鍵盤の図」に沿って上げ下げするだけです。

それは、例えば「F#m」のような調号の付いたコードでも同じです。

この場合、アルファベット部分である「F#」を「ファ#」と読み替えて、それを鍵盤の図に沿って上下させることで簡単に移調できます。(以下図)

これは「+2」の例ですが、「ファ#」を二つ上げると「ソ#=G#」になることから、コードは「G#m」となります。

曲に扱われているすべてのコードに対して、これを行っていけば、キー変更後のコード進行を簡単に導くことができます。

メロディも同じ

上記はコード進行の例でしたが、これはメロディも同じです。

つまり、例えばメロディが

ミ~、ド#、シ、ラ~

のような音によって成り立っていた場合には、同じく「鍵盤の図」に沿ってそれぞれの音を上げ下げします。

ここでも「+2」を例とすれば、

  • ミ→「+2」→ファ#
  • ド#→「+2」→レ#
  • シ→「+2」→ド#
  • ラ→「+2」→シ

となり、

ミ~、ド#、シ、ラ~

というメロディは「+2」の移調によって

ファ#~、レ#、ド#、シ~

となります。

「変更後のキー」からコードやメロディを割り出すやり方

他にも、例えば

「キー=G」を「キー=E♭」に変えたい

というように変更後のキーが既に定まっている場合にも、前述した「鍵盤の図」が活用できます。

この例では

「G(ソ)」を「E♭(ミ♭=レ#)」にする

という移調であるため、鍵盤の図でそれを数えると「-4」のキー変更だということがわかります。(以下図)

そのうえで、前述した手順に沿ってコード進行やメロディに対し「-4」のキー変更を実施していけばいいのです。

マイナーキーの場合
例えば「Gマイナー」というキーを「Bマイナー」に移調したい場合などにも、同じように「G=ソ」を「B=シ」にするという観点で鍵盤の図を数えてキー変更を実施できます。

「キーの把握」について

上記で述べた例のうち、キー変更の度合い(「+2」や「-4」など)が決まっている場合には、曲の具体的なキーを明らかにする必要がありません

これは、例えば

  • A→C#m→F#m
  • B♭→Gm→F
  • ソーソシ♭~ミ♭~
  • レミードラララ

のようなコード進行やメロディが具体的に「どんなキーか?」ということを知らずとも、「+2」や「-4」などにあわせて鍵盤の図で音を数えればキーの変更が実施できてしまう、ということです。

キーを明らかにする必要がある場合

反面で、例えば直接的に

「(元のキーはわからないけど)この曲を『F』のキーにしたい」

というような場合には、そもそも元の曲がどんなキーによって成り立っているかを明らかにする必要があります

そのためには、その曲で扱われているメロディやコードを元にキーを判別することになりますが、以下のページではその方法について詳しく解説しています。

曲のキー(調)を判別する方法【コードのみからキーを判別する】そもそも「キー」とはどのようなものか?

メロディからキーを明らかにする

上記でご紹介したページでは「コード進行を元にしたキーの判別」を中心として解説しています。

そのうえで

「メロディからキーを明らかにするにはどうすればいいの?」

と思ってしまう人もいるはずですが、この場合は少しレベルが上がります。

この点について、詳しくは以下のページを参照してください。

メロディからコードを探す方法|思いついたメロディにコードをつけるための手順と選び方のコツ 耳コピのやり方|音源を耳で聴いてコード進行を明らかにする方法とコツ

まとめ

以下は、まとめです。

  • まず、12個のキーの並び具合を「鍵盤の図」によって把握する
  • キーの上下にあわせて鍵盤の図を数えることで、コード/メロディを簡単に移調できる
  • キー変更の度合い(「+1」や「-1」など)さえわかっていれば、具体的なキーの名称を明らかにする必要がない
  • コードやメロディのみからキーを判別する作業は少し大変

上記で解説したように、移調によるコード進行やメロディの変更は思いのほか簡単に実施できます

「鍵盤の図」を手元に置きながら、是非一度体験してみて下さい。

慣れると瞬時にキー変更ができるようになります。