耳コピのやり方|音源を耳で聴いてコード進行を明らかにする方法とコツ

作曲の先生として活動している内山です。

こちらのページでは、音源を聴いてそこからコードを割り出す、いわゆる「耳コピ(耳コピー)」のやり方について解説をしていきます。

私はこれまでに仕事として、約5000曲ほどの曲音源からコード譜を起こす作業に携わってきました。

作業のほとんどは耳コピによって行ってきましたが、仕事を通して試行錯誤を続ける中で耳コピに慣れていない人でも実施できそうな方法がまとまってきたため、それをこちらで解説してみようと思います。

作業のポイントとなるのは以下の三つです。

  1. 鳴っている音を楽器などでしっかりと実音として把握する
  2. キーとダイアトニックコードの知識をもとにコード進行を想定する
  3. ベースの音など、伴奏をしっかり聴いてコードを確定していく

以下よりその手順とコツについて詳しくご説明していきます。

耳コピを行うための前提

音を聴きとる力が必要

耳コピを実際に行うためには、文字通り「音を耳で聴いて判別する力」が必要です。

これには楽器を活用しますが、例えば「ドレミー」と鳴っている音を聴いて、楽器を使いながら

「ああこれは『ドレミーだな』」

と判別できることが前提となる、ということです。

裏を返せば、楽器を使って確認しても鳴っている音が何なのかわからないという場合にはそもそも耳コピを進めることができません

そのような場合には、耳コピに取り組む前にまずイヤートレーニングなどを通して音を聴き取ることに慣れるようにすると良いでしょう。

耳コピがしづらい曲もある

また、そもそも耳コピに向いていない曲も存在しています。

それは、例えば

  • 伴奏やボーカルの音が極端に入り組んでいて音が聴き取りづらい曲
  • セオリーを無視して作られている曲

などのことを指します。

そのため、基本的には

  • カラオケで歌えるような曲
  • ギター一本で弾き語れそうな曲

などを耳コピの対象として選べると理想的です。

また、こちらでの解説もそのような曲に対する作業を前提とします。

必要な環境・必要なもの

音源をしっかりと聴く環境が必要

実際に作業を始めるにあたり、当然のことながら耳コピをするための音源が必要となります。

そして、それを聴くための環境も必要です。

作業の中では音をしっかりと聴いてそれを詳しく判別していくため、私の場合は音源を聴くのにイヤホンを使っています

check
スピーカーから音を出した方がやりやすい人もいるかと思いますので、この辺りはやりやすい方法で問題ありません。

楽器を使って音を把握する

また既に述べた通り、聴いた音を実音として把握するために楽器(ギターまたはピアノ)が必要です。

私は専門とする楽器がギターであるためそれを使っていますが、こちらも弾きなれたものを使えば良いでしょう。

楽器が弾けない人は…?

ここで

「そもそも楽器が弾けないと耳コピはできないのか?」

という疑問がわきますが、厳しいことを言うようですが楽器が弾けない人が耳コピをするのはかなり難しいと思います

さらには、より正確に耳コピを実施するためになるべくいろいろなコードを楽器で弾きこなせるようになっておくことが望ましいです。

check
PC(DAW)を使いながら耳コピを実施することもできますが、やはり楽器を使って直接音を取っていくのに比べて時間がかかるでしょう。

ひとまず、こちらでは楽器を使ってやる耳コピを前提として解説をしていきます。

聴いた音やコードを書き留めるものが必要

あわせて、判別したコードを書き留めるための筆記用具やPC・スマホ(テキストファイル・メモアプリ)などが必要です。

私が仕事で行う時はPCの前に座り音源を聴きながらギターで音を出して、判別したコードをテキストファイルに打ち込んでいますが、このあたりもやりやすい形で問題ありません。

ここまでの準備ができれば、すぐにでも耳コピを実施していくことができます。

補足

以下のページでは、耳コピの作業に活用できるコード解析アプリについてもご紹介しています。

【コード進行解析の便利アプリ】YAMAHA「Chord Tracker」の使い方、便利な機能のご紹介

耳コピの実施

前提となる知識

耳コピの作業には「キー」の概念が欠かせません。

この「キー(調)」とは、簡単にいえば

「どんな音を主に活用しながら曲が作られているか」

ということを意味する音楽用語です。

「キー(音楽)」についての解説|キー=「中心音」と「まとまりのある音のグループ」を意味する言葉

また、その「主に活用する音の構造」にあたるものをポップス・ロックの音楽用語では「メジャースケール(またはマイナースケール)」といいます。

メジャースケールの内容とその覚え方、割り出し方、なぜ必要なのか?について

これは、例えば「キー=C」であれば

「Cメジャースケール」を主体として曲が作られている

ということを意味しており、これ以降で解説する耳コピの作業はそれを踏まえて行うものです

作業は、音を耳で聴いて「どんな音が使われているか?」という点を明らかにし、それによってキーが明らかになることでコードを特定することができるようになる、という流れをとります。

手順の概要

以下が耳コピのおおまかな手順です。

  1. 音源を聴いて、聴きとりやすい音を音名にする
  2. それらの音からメジャースケール(=キー)を割り出す
  3. 曲のキーをもとにダイアトニックコードを明らかにして、コードを予測する
  4. 音源に合わせてコードを演奏し、曲に合うかどうかを確認する
  5. ベースラインや他伴奏を聴きながらコードをより詳しく予測しながら確定させていく

ここからは、それぞれについてより詳しく解説していきます。

1. 音源を聴いて、聴きとりやすい音を音名にする

まず作業は音源を聴いて音を実音として把握するところから始まります。

この作業は、既にご説明した通り「曲にどんな音が使われているか?」を明らかにする行為です。

上記の観点から、まず耳で聴いたいくつかの音を楽器によって実音に起こしていきます

曲の最初からやらなくてもいい

ここでポイントとなるのが、

「無理に音源の最初の部分から音を明らかにしようとしなくてもいい」

という点です。

というのも、ポップス・ロックなどにおいて最も聴き取りやすいのはボーカルの声で、それが確認できるのはほとんどの場合曲の冒頭または中盤です。

曲の中で使われている音が確認できればそれで良いため、この「聴いた音を実音で把握する」という行為はボーカルがはっきりと聴こえる部分を活用して行うのが最も効率的です。

明確に判別できる音・短いメロディをその材料とする

また音を判別するためには、聴き取りづらいメロディではなく、しっかりと音が鳴っていて明確に「この音だ」とわかるメロディをその材料としてください。

実音に起こす範囲は目安として二小節~四小節程度で、いくつかの音が聴き取れれば短いメロディで問題ありません。

ポイント
  • 聴き取りやすい音を活用して、それを実音に起こす
  • 二小節~四小節程度で、いくつかの音が含まれる短いメロディをその材料とする
この作業が思うようにできない人も多いはずですが、一部分を何度も聴いて、楽器を触りながら音を探っていると次第に音が明らかになっていくはずです。

また、この「音を耳で聴いて実音にする」という作業は耳コピの本質ともいえる行為ですが、経験を積むことで次第に上達していきます。

メロディを音名にできない場合

ここで、

  • ボーカルのメロディが複雑
  • 特殊な音使いをしている

などによりメロディを音として上手く把握できないことがあります。

そのような時はベースライン長く伸びている伴奏の音に注目して、それらの音を材料としてみて下さい。

check
いずれにせよ、曲の中で使われている音のうちのどれかを実音にして把握するということを目的として作業を進めていきましょう。

2. メジャースケール(=キー)を割り出す

音を実音として把握することができたら、手順の二番目として行うのは

  • メジャースケールの確認
  • キーの判別

です。

まず最初に、実音にしたメロディがどのメジャースケールに属するか、という点を考えていきます。

進め方の例

例として、ここまでの手順を通してサビ冒頭のメロディが

ラーララーミ、ミーレード#、シード#ーレ、ド#ーシラ

という音名だと把握できていたとします。

check
ちなみに、これはSMAP「世界に一つだけの花」のサビ冒頭メロディの音名です。

そのうえで、この次に行うのは上記で述べた通り

「このメロディにある『ラ』『ミ』『レ』『ド#』がどのメジャースケールに属するか?」

を確認する作業です。

具体的には、実際にメジャースケール一覧を見ながらそれを照合していきます。

以下はメジャースケール一覧の表です。

上記表に赤枠を付けているように、例として挙げたメロディにある「ラ」「ミ」「レ」「ド#」

  • 「Dメジャースケール」
  • 「Aメジャースケール」

に含まれていることがわかります。

このことから、

「メロディの音は『D』または『A』のメジャースケールに属している」

ということがまず把握できます。

そのうえで、

「メロディの音は『D』または『A』のメジャースケールに属している」「この曲のキーは『D』または『A』ではないか?」

と予測することができるようになります。

ポイント
  • 「メロディの中で使われている音を含むメジャースケールは何か?」を照合する
  • そこから、曲のキーが予測できる

メジャースケールの取り違えについて

メロディとメジャースケールと照合をしていく際に注意すべきは、誤ってキーを取り違えてしまわないようにする、という点です。

例えば、上記例における「ラ」「ミ」「レ」の三音は、以下に示す通り「Cメジャースケール」「Gメジャースケール」にも含まれています。

そのため、深く考えずに作業を行っていると

「このメロディは『Cメジャースケール』ではないか?」

などと取り違えてしまうことがあります。

そのため、ここで注目すべきは、メロディの中にある「ド#」の音です。

ラーララーミ、ミーレード#、シード#ーレ、ド#ーシラ

この「ド#」は短い構成の中に3回登場しており使用頻度が高いことがわかりますが、反面で上記「Cメジャースケール」「Gメジャースケール」に「ド#」は存在していません

check
正確には、「ド」は存在していますが、そこに#が付いていない、ということです。

このことから

「使用頻度の高い音がスケールに含まれていない→このメジャースケールではなさそうだ」

といような判断ができます。

このように、メロディからメジャースケールを判別する際には、使用頻度の高い音や長く伸ばしている音を特に重視するようにしてみて下さい

メジャースケールがわからない場合

メジャースケールを判別する際に厄介なのが、メジャースケール以外の音の存在です。

曲によってはそれらの音を沢山使っていたり、そもそもメジャースケールを度外視してメロディを組み立てていることも頻繁にあります。

そのような時には、なるべく広い範囲から改めて音を拾うようにしてみて下さい

そのうえで

「メロディで使われている音の多くを含むメジャースケールはどれか?」

という観点で照合してみると、よりスムーズにメジャースケールを割り出すことができるはずです。

また、上記で述べたように

  • 使用頻度の高い音
  • 長く伸ばす音
  • アクセントの強い音

などを優先して判断材料にすると作業を進めやすいでしょう。

3. 曲のキーをもとにダイアトニックコードを明らかにして、コードを予測する

メジャースケールとキーが判別できたら、次の手順としてそのキーの「ダイアトニックコード」を明らかにします。

ダイアトニックコードとスリーコード(成り立ちとコードの役割などについて)

前述の例では、

「この曲のキーは『D』または『A』ではないか?」

という予測ができていました。

そこからその「D」または「A」のダイアトニックコードを明らかにすることができます。

以下はダイアトニックコード一覧の表です。

もし前述の

「この曲のキーは『D』または『A』ではないか?」

という予測が正しければ、曲のコード進行は基本的にこれらのダイアトニックコードを使って作られていることになります

それを確認するため、次の手順としてダイアトニックコードから「そのキーを象徴するようなコードの動き」がどのようなものになるかを明らかにします。

ポイント
  • 予測したキーをもとにダイアトニックコードを割り出す
  • そのダイアトニックコードをもとに「キーを象徴するコードの動き」を明らかにする

「キーを象徴するコードの動き」とは?

「キーを象徴するようなコードの動き」とは、ダイアトニックコード内の

  • 「IV → V → I」
  • 「IIm → V → I」

などのコード進行のことです。

以下は、「キーを象徴するようなコードの動き」を上記例で予測できていた「キー=D」「キー=A」に当てはめたものです。

キー=D
  • 「G → A → D」(IV → V → I)
  • 「Em → A → D」(IIm → V → I)
キー=A
  • 「D → E → A」(IV → V → I)
  • 「Bm → E → A」(IIm → V → I)

この中でも主和音(I)のコードは特に重要なコードで、展開したコードは最終的に「I」に着地し、曲に安定感をもたらします。

これを音楽用語で「終止」と呼んでいます。

終止の詳細とその種類(全終止・偽終止・アーメン終止・サブドミナントマイナー終止など)

耳コピは、言い換えれば

「コードの予測を立て、それを音源に当てはめて確認しながら確定させていく作業」

ですが、この手順を通して予測できた上記のコードやコードの動きがまさにその材料となります

4. 音源に合わせてコードを演奏し、曲に合うかどうかを確認する

ここまでを通して、

  • キー
  • ダイアトニックコード
  • そのキーを象徴するコードの動き

の予測ができているため、次なる作業としていよいよコードを曲に合わせて確認していきます。

予測できたコードやコード進行を音源に合わせて楽器で演奏し、鳴っている音にぴったりと響き合うかを耳で判断していきます。

具体的には、以下のようなやり方で進めていきます。

  • 曲の中で展開が落ち着く部分(サビの終りなど)で「I」のコードを弾いてみる。
  • サビの直前などで「V」や「IV → V」「IIm → V」などのコードの流れを弾いてみる。

前述した「キー=D」「キー=A」にこれを当てはめると、例えばこれは

サビの終わり部分などで「D」や「A」のコードを弾いてみる

というようなことを意味します。

ポイント
  • 音源に合わせて予測したコードやコードの動きを演奏する
  • それぞれがぴったりと響き合うか(コードが正しいか)を確認する

上記例の場合

前述したメロディ

ラーララーミ、ミーレード#、シード#ーレ、ド#ーシラ

は、「キー=D」または「キー=A」と予測できていましたが、これを「世界に一つだけの花」の音源に合わせて弾くと「キー=A」を象徴する「A」というコードや「E」というコードがより綺麗に響きます。

反面で「キー=D」を象徴するコードを音源に合わせて弾いてみると「なんだか違う」という感じがします。

このことから「キーは『A』である」と、キーを確定することができます

5. ベースラインや他伴奏を聴きながらコードをより詳しく予測しながら確定させていく

ここまで来れば、あとはキーとダイアトニックコードの概念を拠り所としてコードを確定させていくのみです。

次の手順として、音源のベースラインや伴奏を聴いてコードをより詳しく確定させていきます

コードの確定方法例

上記の例では既に「キーは『A』である」と特定できていました。

「キー=A」のダイアトニックコードを見ると、そこには「Bm」というコードが存在しています。

そのため、例えば曲の中でベースが「B(シ)」の音を弾いている場合には、そこで扱われているコードは「Bm」である可能性が高いです。

そのような理由から音源に合わせて楽器で「Bm」を演奏し、コードに間違いがないか(=しっかりと響き合うか)を確認し、確定させていくことができます。

これは、例えば同じようにベースが「F#(ファ#)」を弾いていたらコードは「F#m」を第一候補として挙げることができる、というようなことを意味します。

このような

「ダイアトニックコードを元にしたコードの予測→演奏による確認」

という手順を繰り返していくことで、曲が三和音のダイアトニックコードのみで出来上がっている場合にはすべてのコードを割り出すことができます。

上記手順でコードに違和感を感じる場合(1)

もちろん曲には沢山の例外があり、上記の「三和音のダイアトニックコード」以外のコードが使われていることも多々あります。

そのような時には上記手順の「演奏による確認」の際に、響きに違和感を感じるはずです

その際には「予測している三和音のダイアトニックコード」に対して以下の三点を実施してみて下さい。

  1. コードに「セブンス」を付ける
  2. コードのメジャーをマイナーに、マイナーをメジャーにする
  3. 上記二点を複合する

例えば、前述の通りベースが「B(シ)」の音を弾いていて「Bm」のコードを合わせて弾いてみたところ、響きに違和感を感じたとします。

その際には、「Bm」を

  • 「Bm7」(セブンス付加)
  • 「B」(メジャーコード)
  • 「B7」(メジャーコード、セブンス付加)

などにするを実施してみて下さい。

上記手順でコードに違和感を感じる場合(2)

上記に加えて、ダイアトニックコードの「I」または「IV」を割り当てて響きに違和感を感じるときには、それぞれを

「メジャーセブンス」のコードとすること

も検討してみて下さい。

具体的には、前述の「キー=A」においてベースが「A」を弾いていたことからコード「A」を割り当て、それで響きに違和感があったとします。

その場合にはコードを「AM7」にしてみる、ということです。

それでもまだコードに違和感がある場合

上記手順を通して、それでもまだ予測したコードの響きに違和感を感じることもあります。

そのような場合には、ベース以外の伴奏の音やコードの流れを拠り所として考えられるコードを探っていくことになります

そこでは

  • 分数コード
  • ディミニッシュコード
  • テンションコード
  • 他変化和音

など、そこにはさまざまなコードが想定できますが、それらを導くための解説は多岐にわたるためこちらでは割愛します。

そもそもキー以外のベース音が鳴っている場合

また、ここまでの例外に加えてそもそも

「そのキーに属していない音を使っている」

というケースも多々あります。

check
これは、上記の例で言えば、例えば「D」ではなく「D#」などがベースとしてしっかりと鳴っているパターンを指します。

そのような場合にも「ダイアトニックコード以外のコード(ノンダイアトニックコード)」としてさまざまなコードが想定できます。

初心者の向けの解説ということで、こちらではそれらへの言及を省略しますが、このあたりの判別は音楽理論をしっかりと学ぶほどに対処できるようになっていきます

※音楽理論の学習については以下のページも参考にしてみて下さい。
音楽理論を知りたい人のための「学習の見取り図」※独学に活用できる「音楽理論の何をどの順番で学べばいいか」のまとめ

まとめ

ここまで、「耳コピ(耳コピー)」のやり方について解説してきました。

膨大な内容となってしまいましたが、要点をまとめると以下のようになります。

  • 鳴っている音を実音として把握する
  • 実音をもとにメジャースケール=キーを明らかにする
  • キーをもとにダイアトニックコードと象徴的なコード進行を割り出す
  • 音源に合わせてそれらを演奏し、キーをしっかりと確定する
  • 確定したキーをもとに、音源のベース音と他伴奏の音を聴いてコードを確定していく

慣れないうちはすべての作業が大変だと感じてしまいますが、繰り返し行っていくことで徐々に上達していきます。

また上記を進めるうえでポイントとなるのは「例外への対処」で、これも耳コピの作業そのものに慣れたり、音楽理論を学ぶことで少しずつ対応できるようになっていきます。

まずは簡単な曲を通して耳コピの作業に慣れ、そこから段階を経ていろいろな曲に挑戦していくと無理なく取り組んでいけるはずです。

こちらのページの解説を参考に、是非耳コピを楽しんでみて下さい。

耳コピは本当に奥が深いです。

作曲が上達する「曲分析」について知る

「曲分析マニュアル」のご紹介