都合のいい「芸術」や「センス」という言葉

音楽制作に正解はなく、どんなメロディもどんなコード進行も、またどんなアレンジをするかも、すべては作者の自由です。そんな中で、いろいろなことを「芸術」とか「センス」という言葉でいい加減に済ませてしまう傾向があります。

やり方がわからずただなんとなくやっているだけなのに、それを「自分らしさ」だと言って正当化したり、「芸術的だ」というもっともらしい理由で制作を適当に済ませてしまったりした経験は誰にでもあるはずです。

音楽はスポーツのように勝ち負けがはっきりしていないため、「こんな自分のセンスを受け入れてくれる人もいるだろう」と適当に作品を仕上げてしまうことが多く、正解がないゆえに中途半端な作業を良しとしてしまいがちです。

そのいい加減な姿勢が、意図がなく熱意のない、ダメな作品を生みます。

リスナーの期待を裏切らない

他人から評価を得たり、常に水準以上の成果を出すためには「芸術」や「センス」という言葉に逃げず、自分の仕事にしっかりと向き合うことが大切です。これは音楽制作だけではなくすべてに共通することで、なんとなく、適当にやって評価されているプロはおそらくいないはずです。

どんな業界でも、プロの仕事には日々の練習と経験、勉強や分析、そしてそれらを経て得た「正しいやり方」と、判断力、感覚などが詰まっています。「芸術」や「センス」は、そういったことができている人たちが使うべき言葉で、「なんとなくやる」のと「芸術」とでは意味が全然違います。

リスナーの期待を裏切らない確かな作品を作るために、それらをもう一度理解して、自分の作るものに責任を持って取り組んでください。

たとえ現状は作品の品質がいまいちでも、そこから感じられる作曲者の姿勢は必ずリスナーに伝わって、近いうちに必ず評価されていくはずです。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室