ディミニッシュコードの概要

ルートから二音飛ばしの四音で構成されるコードを「ディミニッシュコード」と呼びます。

Cdim(C ディミニッシュ)の構成音 ルート(ド)から二音飛ばしの四音で構成する


ディミニッシュコードは上記の通り二音跳ばしの音程で構成され、結果的にオクターブを四音で等分するような配列となります。

そのため、例えば「ド」から作ったディミニッシュ(Cdim)と「レ♯」から作ったディミニッシュ(D♯dim)はそれぞれ同じ構成音となります。※どちらの構成音も「ド、レ♯、ファ♯、ラ」

これ以外にも、「ファ♯」から作ったディミニッシュ(F♯dim)と、「ラ」から作ったディミニッシュ(Adim)にも同じ事が言えて、「ド、レ♯、ファ♯、ラ」の構成音で、それぞれの音をルートとした四つのディミニッシュを作ることができます。

Cdim=D♯dim=F♯dim=Adim
※すべて同じ構成音「ド、レ♯、ファ♯、ラ」

オクターブ内には12 音しか音が無いため、考えられるディミニッシュの組み合わせは3 パターンしかありません。

ディミニッシュコードの代表的利用例:キーC

1.パッシングディミニッシュとしての利用

ルートが上昇するようなコード進行がある場合には、それぞれのルートを橋渡しするようにディミニッシュコードを挿入して利用することができます。

このようなディミニッシュコードは「経過コード」としての利用から「パッシングディミニッシュ」と呼ばれています。



※パッシングディミニッシュは主にルート上昇型のコード進行に使用されます。

2.ドミナントセブンスコードの代理としての利用

あるセブンスコードと、そのルート半音上のディミニッシュコードは、それぞれ三つの共通音を持っています。



上記の例では「G7」と「G#dim」それぞれで、「シ、レ、ファ」の音を共通して持っていることがわかります。

それぞれはコードの響きが似ているため、これを利用して、ディミニッシュコードをドミナントセブンスコードの代理として使用することができます。



「ドミナントセブンスコードを、半音上のディミニッシュコードで置き換える」と覚えると理解しやすいはずです。

また、前述の「パッシングディミニッシュ」としての利用の際にも、ディミニッシュコードとその前のコードに共通音が存在しています。



→※この例では「ミ、ソ」の音が、それぞれのコードの共通音として存在しています。

このことから、広義ではパッシングディミニッシュの用法にも代理コードの概念が含まれている、と解釈できます。

上記以外にもいくつかの使用方法がありますが、主に単調なコード構成の中でのアクセントとしてディミニッシュコードが活用されています。→ 既存曲での使用例と解説はこちら


作曲教室もやっています