ディミニッシュコードの概要

ルートから二音飛ばしの四音で構成されるコードを「ディミニッシュコード」と呼びます。

Cdim(C ディミニッシュ)の構成音 ルート(ド)から二音飛ばしの四音で構成する


ディミニッシュコードは上記の通り二音跳ばしの音程で構成され、結果的にオクターブを四音で等分するような配列となります。そのため、例えば「ド」から作ったディミニッシュ(Cdim)と「レ♯」から作ったディミニッシュ(D♯dim)はそれぞれ同じ構成音となります。

これ以外にも、「ファ♯」がルートの場合(F♯dim)と、「ラ」がルートの場合(Adim)にも同じ事が言えて、「ド、レ♯、ファ♯、ラ」の構成音で、それぞれの音をルートとした四つのディミニッシュを作ることができます。

Cdim=D♯dim=F♯dim=Adim ※すべて同じ構成音「ド、レ♯、ファ♯、ラ」

オクターブ内には12 音しか音が無いため、考えられるディミニッシュの組み合わせは3 パターンしかありません。

ディミニッシュコードの代表的利用例:キーC

1.パッシングディミニッシュとしての利用

ルートが上昇するようなコード進行がある場合には、それぞれのルートを橋渡しするようにディミニッシュコードを挿入して利用することができます。このようなディミニッシュコードは「経過コード」としての利用から「パッシングディミニッシュ」と呼ばれています。

[配置前] CM7 → Dm7

↓ ディミニッシュ「C♯dim」を挿入

[配置後] CM7 → C♯dim → Dm7

※パッシングディミニッシュは主にルート上昇型のコード進行に使用されます。

2.ドミナントセブンスコードの代理としての利用

あるセブンスコードと、そのルート半音上のディミニッシュコードは、それぞれ三つの共通音を持っています。これを利用して、ドミナントセブンスコードの代理としてもディミニッシュコードを使用することがあります。

  • G7 の構成音=ソ、シ、レ、ファ
  • G♯dim の構成音=ソ♯、シ、レ、ファ(G の半音上=G♯、のディミニッシュ)

[配置前] C → F → G7 → C

[配置後] C → F → G♯dim → C (「G7」を「G♯dim」で代理)

「パッシングディミニッシュ」としての利用の際にも、「ディミニッシュコード」と「前コード」に共通音がうまれるため、「代理コード」と同じ感覚で適用することができます。

  • (dim 挿入前)CM7 → CM7 → Dm7
  • CM7 の構成音=ド、ミ、ソ、シ

  • (dim 挿入後)CM7 → C♯dim → Dm7
  • C♯dim の構成音=ド♯、ミ、ソ、ラ♯

※この例では「ミ、ソ」が共通音になっている。

これら以外にもいくつかの使用方法がありますが、主に単調なコード構成の中でのアクセントとしてディミニッシュコードが活用されています。



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室


コメント

  1. momo

    はじめまして

    ギターをやっているんですが、近頃は、楽譜に頼らないで、自分でコードをつけて弾いたりしていますが、ディミニッシュコードの構成音がわからなくて・・・。ディミニッシュコードはなんだか神秘的で曲に入れたいですよね。

    やっと、こちらのブログでディミニッシュコードのことが理解できました!

    こんな仕組みだったんですね。

    ありがとうございます。

    これからもときどき訪問して、勉強させていただきます。

  2. あつし

    @momo さん

    コメントありがとうございます。ディミニッシュコードはパズルのような仕組みになっているので理解に時間がかかりますが、構成や使いどころを覚えてしまうと便利なので、是非いろいろ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。