トニックに向けたルートのスムーズな流れ

ドミナントセブンスの代理として使用できるものに「♭II7」というコードがあります。「裏コード」という名前で呼ばれているこのコードは、ドミナントセブンスと同じく不安定な音の配置を持っており、同様にトニックの前に配置することで終止感を演出することができます。

裏コード配置の例:キーC

[配置前] I → IV → V7 → I (C → F → G7 → C)

[配置後] I → IV → ♭II7 → I (C → F → D♭7 → C)

特筆すべきはルート音の流れで、トニックへの進行が「D♭ → C」というように半音階になっています。このように、半音下降の緩やかな流れをとりつつも、コード進行の機能的解釈はドミナントモーションと同等、というところにこのコードを使用する面白さがあります。

また、上記例の「IV」を同じダイアトニックコード内の代理コードである「IIm」に変換すると、

[配置後] I → IIm → ♭II7 → I (C → Dm → D♭7 → C)

という形となり、サブドミナントからトニックにかけて、すべて半音階で展開していく構成を作り出すことができます。この例のように、前後のコードによって代理コードも活用しながら裏コードをうまく絡めることで、サブドミナントも含めたスムーズな半音下降も検討することができます。

裏コードは、ドミナントセブンスを使った終止に比べて扱いにくそうな印象を受けますが、まずは曲中にある「V7」を気軽に「♭II7」に変換していく感覚で使用して、コードの持つ響きや使い勝手を体感してみてください。


作曲教室もやっています