オンラインレッスンやっています

音楽理論 | 裏コード

裏コードの概要

♭II7」は、ドミナントセブンスと同じ不安定な構成音を持っており、ドミナントセブンスのからの置き換えとしてトニックの前に配置することで、同じように終止感を演出することができます。

「裏コード」と呼ばれるこのコードは、ドミナントセブンスのありきたりな響きを避ける意味で、ジャズやR&Bなどで度々利用されます。

裏コード配置の例:キー=C

ドミナントセブンスの置き換え

下記は、トニックの前にあるドミナントセブンスを裏コードに置き換えた例です。

  • 配置前:C → F → G7 → C(I → IV → V7 → I)
  • 配置後:C → F → D♭7 → C(I → IV → ♭II7 → I)
ドミナントセブンスが裏コードに置き換わったことにより、トニックへのベースラインが「D♭ → C」という半音階の流れになっています。

ドミナントセブンスと同じ機能を持ちながらも、このような半音下行の構成をつくることができる、というところに、裏コードの面白さがあります。

裏コードの割り出し方
裏コードは「♭II7」であることから、“トニック(I)の半音上の音をルートとした「〇7」である”と捉えると、利用しやすいはずです。

サブドミナントからの流れを作る

上記コード進行をもとに、その中の「F(IV)」を、さらにダイアトニックコード内の代理コードである「Dm(IIm)」に置き換えたものが下記の構成です。

  • C → Dm → D♭7 → C(I → IIm → ♭II7 → I)
サブドミナントが「Dm7(IIm7)」に置き換えられたことで、サブドミナントからトニックにかけてのベースラインが、「D → D♭ → C」と、すべて半音階の構成となっています

このように、サブドミナントからの機能的なつながりを維持したまま、前後のコードを含めた半音階の構成を作り出すことができるところも、裏コードの特徴です。

セカンダリードミナントコードの裏コード化

「裏コード」は、ドミナントモーションを活用した「セカンダリードミナントコード」にも同じように適用することができます。

下記は、セカンダリードミナントコードを裏コードに置き換えた例です。

  • 配置前:Dm7 → E7 → Am(IIm7 → III7 → VIm)
  • 配置後:Dm7 → B♭7 → Am(IIm7 → ♭VII7 → VIm)
セカンダリードミナントコードの「E7(III7)」が、その裏コードである「B♭7(♭VII7)」に置き換えられています。

「Am(VIm)」に対するドミナントモーション、という機能は維持されたまま、裏コードによって部分的に耳慣れない響きが挿入されることでその部分がアクセントとなり、コード進行が特徴的なものに感じられます。

動画で解説

文章ではよくわからない!」という方のために、下記動画でも裏コードについて解説しています。

是非参考にしてみてください。


裏コードは、ドミナントセブンスを使った終止に比べて扱いにくそうな印象を受けますが、まずは曲中にある「V7」を気軽に「♭II7」に変換していく感覚で使用することで、コードの持つ響きや使い勝手を体感してみてください。

次の記事からはは、印象的な曲展開に活用できる「転調」の概念について解説しています。→ 次の記事「音楽理論 | 転調(1)調の種類と覚え方」