作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

sponsored link

終止とその種類

コード進行がある程度展開したのち、一旦落ち着く事を「終止」と呼びます。以下は終止の例です。

終止の種類:キーC

1.全終止

ドミナントコードはトニックへの解決を連想させるコードで、コードの機能が「V → I」と進行してコード展開がいったん落ち着く事を「全終止」と呼びます。

  • I → IV → V → I (C → F → G → C)

ロック/ポップスで「終止する」と言えば、ほとんどの場合この「全終止」を指します。

2.偽終止

「全終止」の形のまま、(Vから)その代理コードに終止する手法を「偽終止」と呼びます。

  • I → IV → V → VIm (C → F → G → Am)

「I」ではなく「VIm(代理コード)」に落ち着いていることから、リスナーに「Vが鳴った」→「Iが来るだろうな」→「来なかった」という驚き(裏切り)を与える効果があります。

3.変終止(サブドミナント終止)

終止はサブドミナントコード(IV)からも形作ることができます。

  • I → VIm → IV → I (C → Am → F → C)

ドミナントを経由する場合に比べ「静かに落ち着いた」、「なんとなく落ち着いた」という印象を与え、トニックへの明確な解決を避ける働きがあります。また全終止よりも少しお洒落なムードを持っています。

また、「変終止」に付随する特殊な終止として、サブドミナントマイナーから直接トニックに落ち着く「サブドミナントマイナー終止」も、頻繁に見かけることができます。

  • I → VIm → IV → IVm →I (C → Am → F → Fm → C)

全終止を基本としながら、展開や曲調にあった別の終止も意図的に盛り込んでいけるようになると理想的です。



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索