作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

コードの割り当て拍数

time 2016/02/07

sponsored link

コードが与える印象

コードをどのように割り当てるかによってその上に乗るメロディの印象は変わり、単調なメロディでもコードを巧みに配置することでそこに大きな感動を与えることができます。また、コードは曲の導入から盛り上がり、着地までを演出することもでき、それらはリスナーに対する潜在的なメッセージとなります。

コードを割り当てる拍数に気を配る

コードの役割の中で意外と見落とされているのが「コードを割り当てる拍数」です。以下、実際の曲を例として見ていきます。

【分析例】『I LOVE YOU』 尾崎豊

[Aメロ]

A     C#m7  F#m   
I LOVE YOU  今だけは悲しい歌

Aメロでは、コードは4拍分割り当てられています。4拍をひとまとまりとしてコードが変わっていく構成は標準的ですが、バラード調の曲のテンポにゆったりと乗って、リスナーにどっしりとしたイメージを抱かせます。

[Bメロ(前半)]

D C#7    F#m
何もかも許された恋じゃないから~

Bメロの導入部で、コード割り当ての長さは2拍に変わります。「何もかも許された~」という、畳み掛けるようなメロディのバックでコードが2拍ずつ変わっていくことで、リスナーは少しせかされたような、不安定なムードを感じ取ります。

[Bメロ(後半)]

D     C#7      A   E F#m
~~この部屋は落ち葉に埋もれた空き箱みたい

Bメロ後半に入り、コードは「空き箱みたい~」という部分で1拍ごとに変わっていきます。ここでは拍に沿ってコードが変わるため、その部分にアクセントが付きメロディがより強いものに感じられます。→次項『コードの割り当て拍数~その2~』



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索