メロディの展開に合わせて「ふたつめのコード」をあてはめる、という作業

初心者の方にとってはコードを特定する作業が思った以上に大変なはずです。ただ、コード進行やコード理論の知識に乏しい段階ではとにかくわかる限りいろいろなコードを片っ端からメロディに当てはめて、それがイメージに合うか確認しながら地道にコードを特定していくほうがやりやすく、作業が早いはずです。

また、作曲に慣れないうちは思いつくメロディのほとんどがダイアトニックコード内での展開に集約されるはずなので、最低限の知識として現在扱っているコードのキーと、そのキーをもとにしたダイアトニックコードの一覧を把握できているとコードの特定が早く出来ます。
(サイト内記事「ダイアトニックコード」)

キーとダイアトニックコードの特定の方法

a.ひとつめのコードをダイアトニックコードの「I」と想定する

メロディを導くために一番最初に鳴らしたひとつめのコードをダイアトニックコードの「I」のコードして捉えます。

例えば、ひとつめのコードとして「C」を鳴らしていたとしたら、そのコードをそのままキーとして「キー=C」と特定します。そのうえで、ふたつめのコードを「Cダイアトニックコード」の中から探していきます。

b.ひとつめのコードをダイアトニックコードの「IV」と想定する

ひとつめのコードを、ダイアトニックコードの「IV」のコードとして捉えてメロディを思い浮かべている、ということもあり得ます。

この場合、例えばひとつめのコードとして「C」を鳴らしていたとしたら、それをダイアトニックコード上の「IV」として捉えるため、キーは「G」と特定できます。(「キー=G」のダイアトニックコードでは「IV」に「C」を持つため) そこから「Gダイアトニックコード」からふたつめのコードを探していきます。

ノンダイアトニックコードについて

上記のやり方でイメージするコードが特定できなかった場合、ふたつめのコードはノンダイアトニックコードという可能性があります。

ノンダイアトニックコードとしてはさまざまなコードが想定できますが、そこまでくると思いつく限りいろいろなコードを当てはめていったほうが、コードの特定、という意味では作業が早いはずです。
(作曲に慣れていく中で、後々コード進行のいろいろなパターンを知ったりコード理論を理解してくことで、ノンダイアトニックコードを含めたコード特定の作業が早くなっていきます)

まとめ
  • ダイアトニックコードをもとにコードを探すと効率的。
  • ひとつめのコードを「I」とするか「IV」とするか、の2パターンでやってみる。
  • それでもコードが特定できない場合はとにかく片っ端から探す。

→次項『7.メロディが思い浮かばない場合』


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室