オンラインレッスンやっています

作曲をバンドのために行うことについての知識と手順など

バンドのための作曲

バンド活動をしているみなさんのなかで、「オリジナル曲を作って、それを演奏してみたい」という思いを持たれている方は案外多いはずです。

オリジナル曲を演奏していくために、曲は必ず誰かの手によって作られる必要があります。そこで問題となるのは「誰が作曲するのか」という点です。

通常バンドで作曲をする場合、具体的には下記のふたつのパターンが想定されます。

1. メンバーのうちの誰かが作曲する

ひとつめは、バンドメンバーの中でも、ギターや鍵盤が弾けたり、DTMが操作できたり、メロディやコード進行などを生み出す力がある一人(または複数人)が作曲をする、というやり方です。

作られる曲は、当然のように「バンドで演奏できる」ということが前提となり、作曲の際に、メロディとコード進行のみを作り、編曲をバンドのメンバーに任せるやり方と、編曲(各楽器がどのように演奏をするか)についてもあわせて考えるやり方があります。

アーティストとして活動しているバンドでは、編曲は各楽器演奏者のアイディアをもとに行われることが多く、一般的には前者の方法が好まれますが、作曲者の中で、例えば「この部分のベースラインはこういう風に弾いてほしい」というような、編曲に関するアイディアが既にある場合、それも含めて音源としてメンバーに提示されることがあります。

2. バンドメンバー全員で作曲する

もうひとつは、オリジナル曲のもとになるような小さなアイディアを、バンドメンバー全員で相談しながら膨らませ、大きな一曲へとまとめていくやり方です。

メンバー全員で、ギターなどを持ち寄って、コードを弾いたりメロディを歌ったりしながら曲をまとめていったり、スタジオで、実際にそれぞれの楽器を演奏しながら、(初期的な)編曲をあわせて行い、作曲とバンドアンサンブルを同時進行で考えて行くやり方があります。

制作のきっかけとなるものはさまざまで、短いコード進行やリフをもとに全員でそれ以降の展開を考えたり、セッションでの演奏をもとにボーカリストがメロディをつけ、それを曲全体にまとめていったりなど、いろいろなアプローチがとられます。

メンバーのうちの誰かが作曲をするときの流れ

メロディとコード進行のみにまとめる

前述したように、オリジナル曲をバンドメンバーのうちの誰かが作曲する際には、後々バンドで演奏することを前提として、「メロディ+コード進行」のような、シンプルな状態にまとめることを目的として作業が行われていきます。

楽器を弾き語りしたり、DAWソフトを使用したりしながら、メロディとコード進行が検討され、その後いくつかのブロックをつなげて一曲にまとめ上げられます。

この際の作曲手順は、一般的な作曲手順と同じで、ここでもさまざまなやり方が行われています。

あわせて、この際に各楽器の演奏についても具体的なアイディアがある場合、それも含め音源として記録されます。

バンドメンバー等による編曲

出来上がったデモ音源は、バンドメンバーに提示されますが、その際に、音源を受け取ったメンバーが、曲の構成やコード進行を把握できるようにするため、あわせてコード譜についても同じく作曲者から提示されます

デモ音源とコード譜(歌詞が付いていれば歌詞も)を受け取ったメンバーはそれらを確認し、その後、スタジオなどでメンバーのアイディアによってそれぞれの楽器の演奏に編曲され、バンドアンサンブルとしてオリジナル曲が演奏できる状態となります。

例えばギターであれば、コード譜で「C」という表記があった場合、それをデモ音源と同じ雰囲気で弾くこともあり、同様に、独自にアレンジを加えて、違うアプローチによって「C」を表現することもできます。

また、「メロディのバックでギターを静かに鳴らす」とか「サビの直前でドラムが激しくリズムを刻む」、というような直接的な表現や、「ベースラインは〇〇だけど、ギターのフレーズは××にする」などのもう少し突っ込んだ表現まで、オリジナル曲をバンド演奏として表現するためのいろいろなアイディアが検討されて、一曲がまとまっていきます。

あわせて、バンドに、プロデューサーや、編曲について統括するようなメンバーがいる場合には、作曲の後にデモ音源がそちらに預けられ、各楽器にてどのような演奏を行うかが検討されたうえで、楽器演奏者(バンドメンバー)はその内容をもとに演奏をする、というケースもあります。

バンドメンバー全員で、セッションなどで作曲することについて

曲をまとめていくための技術が求められる

スタジオでのセッションなどを通して、メンバー全員の手によって作曲をしていく場合、前述のように小さなフレーズやリフなどをもとに、曲を展開させていくことが多く、この場合、その場でアイディアを出したり、自分以外の演奏者が何をやっているかを判断しながら、瞬時にそれに合わせて自分の演奏内容を考えるなど、すでに述べた編曲の観点での力量が問われます

一人では思いつかなかったような様々なアイディアが出され、かつ作曲と編曲を同時に行うことで、より実践的な制作の作業となるため、得られるものが多い半面で、そもそもの作曲技術や、演奏技術、編曲技術、さらにはセンスが求められ、アイディアをまとめて行くためのバンドとしての結束力も必要となります。

(かのビートルズでさえ、後期に企画した「ゲットバック・セッション」で、これと同じような試みを行った際に、メンバー同士の意見がまとまらず、結局制作は中途半端なままで終わってしまった、という歴史があります)

これを踏まえると、バンドメンバー全員で作曲をしていくやり方は、バンドとしての作曲初心者の方には、少々敷居が高い作業と言えるでしょう

まとめ

「バンドのための作曲をやってみたい」と考えている方は、前述の「メンバーのうちの一人が作曲をする」というやり方でそれを実現していくと、一般的な制作の流れがつかめるはずです。

また、「メロディ+コード」の状態が、バンドメンバーの手によって思いもよらない形に編曲されていくのを聴くのも、作曲者として楽しいもので、そのあたりまでくると、自分たちのオリジナリティを発揮しながら、より充実したバンド活動を行えていると感じられるようになるはずです。

楽しみながら、是非、魅力的なバンド曲を沢山作ってください。