作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

転調~その2~

time 2007/03/22

■転調の実践的テクニック

ここでは「Cの調性内のコード進行」と「Gの調性内のコード進行」をいかに結びつけるか、という観点でその手法を探っていきます。

以下コード進行の例です。([1]を[2]に転調)

 [1]Cのコード進行「C-F-G-C」(I-IV-V-I)

  →[2]Gのコード進行「G-C-D-G」(I-IV-V-I)

[例1]ピボットコード利用

この例ではまずそれぞれのコード進行に含まれる「C」や「G」を介してお互いを結びつける、という手法が考えられます。「C」のコード進行を展開させながら、共通しているコード(ピボットコード)を軸に「G」のコードへ転調させます。

 [ピボットコードをCとした場合]

  『C-F-G-C → (C)-D-G』

 [ピボットコードをGとした場合]

  『C-F-G → (G)-C-D-G』

ピボットコードを介して、前半から後半への流れでスムーズに転調できています。

[例2]ドミナントモーション

「ドミナントモーションを利用する」という手法もスムーズな転調によく使われています。

ここでは「C」から「G」のキーへ転調させるため、転調後コードの冒頭「G」に対するドミナントセブンスコード「D7」を「C」のコード進行の中に作っていきます。

「C-F-G-C」というコード進行の中に突然「D7」を登場させるのは少し不自然なため、ここでは同じCダイアトニックコードのDm(IIm)を「F」の代理マイナーとしてまず配置します。

  「C-F-G-C」(I-IV-V-I)
   ↓
  「C-Dm-G-C」(I-IIm-V-I)

この状態で、挿入した「Dm」にセブンス化した「D7」をつなげます。そこから「G」のコード進行へ向けてドミナントモーションを形成していきます。

 「Dm」にセブンス化した「D7」をつなげる「C-Dm-D7-G-C」(I-IIm-II7-V-I)
 
 [D7からGへドミナントモーション]

  『C-Dm-D7 → G-C-D-G』

「D7→G」のドミナントモーションは強くトニックGを連想させる為、新しい調性にも違和感なく移ることが出来ます。上記『属調』以外の調についても基本的には同じアプローチで転調の構成を作りこむことが出来ます。→次項『転調~その3~』



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索