オンラインレッスンやっています

音楽理論 | 転調(3)転調の方法

こちらでは、実際に曲の中で転調を実施する際の、具体的な方法について解説しています。

転調の方法

ドミナントモーションの活用

ダイアトニックコード内の「V7」から「I」への流れ(ドミナントモーション)は、コード進行の中で最も結びつきの強いものとして扱われており、この概念は転調の際にも同様に活用されます。

下記は前述の、サビ1からサビ2に対する「本格的な転調」のコード進行例です。

  • サビ1(キー=C):「C → Dm7 ~ G#7 →」
  • サビ2(キー=C#):「→ C# → D#m7 → Fm7 …」
ここでは、「サビ2」の冒頭にある転調後の主調「C#(I)」に対し、その直前(「サビ1」の終わり)に「G#7」が配置されています。

「キー=C#」のドミナントセブンス「G#7(V7)」を事前に配置することによって、そこからトニック「C#(I)」が連想され、新たな調に対して強い結びつきを持って、コードを進めることができるようになります

近親調への転調はもちろんのこと、この例のような、関係の薄い調への転調の際にもこの概念は効果的で、転調を実施するタイミングにおいて、新たな調のドミナントセブンス(V7)にあたるコードをその直前に一つ配置するだけで、そこへ向かう流れを形作ることができます

同様に、ドミナントセブンス(V7)と強い結びつきのある「IIm7」を使った、「IIm7 → V7」(ツーファイブ)の形も、転調の際に頻繁に活用されます。

下記は、先ほどの構成をもとに、ドミナントセブンスをツーファイブ型として配置した例です。

  • サビ1(キー=C):「C ~ D#m7 → G#7 →」
  • サビ2(キー=C#):「→ C# ~」
「サビ1」の終わり部分にて、「G#7(V7)」の前に「D#m7(IIm7)」が配置されたことで、より自然な流れができあがっています。

「I」を転調の開始点としない場合

また転調は、上記の例のように、新たなキーの「I」から始まるものだけではなく、その他のコードを開始点とする構成も想定できます。

具体的には、例えば「C」というキーに転調するとして、その開始点を「IIm7」である「Dm7」としたり、「IV」である「F」としたりすることを指します。

下記は、「キー=E」から「キー=C」に転調する例です。

  • 転調前(キー=E):「E → B → C#m → A7 →」
  • 転調後(キー=C):「→ Dm7 → G7 → C」

この例では、転調後の開始点を「キー=C」の「IIm7」である「Dm7」としています。

この場合にも、前述のドミナントセブンスやツーファイブの活用は有効で、開始点となるコードを「I」と捉えて、それに対するドミナントセブンス(V7)を配置することで対応します

ここでは、「Dm7」のドミナントセブンスにあたる「A7」を転調前に配置することで、転調後のコードに向かう流れを作っています。

ピボットコードの活用

転調前と後のそれぞれの調に、共通するコードが存在する場合、それを転調の足掛かりとして活用することができます。

それらのコードは「ピボットコード」と呼ばれ、転調前の調でコードを展開させながら、ピボットコードを経由することで、新たな調へ違和感なく移る流れを作ります。

  • 転調前(キー=G):「G → Bm7 → E7 →」
  • 転調後(キー=A):「(Bm7 → E7)→ A …」

上記は、「キー=G」から「キー=A」への転調に際して、ピボットコードを活用した例です。

「キー=G」における「Bm7」は、「Gダイアトニックコード」内の「IIIm7」として存在しており、同様に「キー=A」では、「Bm7」は「Aダイアトニックコード」内の「IIm7」となります。

「Bm7」をピボットコードと捉えることで、「キー=G」の自然な流れの中で「Bm7 → E7」(ツーファイブ)の形を作り、「キー=A」に向かって円滑に展開できていることがわかります。

特に、近親調への転調の際には、転調前と後で多くの共通するコードが含まれるため、このピボットコードの概念が重宝します。

転調の方法まとめ

ここまで解説した、転調の方法のまとめです。

  • 転調の際には、主に「ドミナントモーション」と「ピボットコード」を活用する
  • 「ドミナントモーション」を活用する場合には、新たな調の直前に、そのキーのドミナントセブンスコード(V7)を配置する
  • 「ピボットコード」を活用する場合には、転調前と後で共通するコードを中間に配置して、無理のない流れを作る

転調には、これら以外にも様々な手法が活用されていますが、曲調や、求める雰囲気に合わせて、いろいろなやり方を試していくことで、その効果を体感できるはずです。

次の記事では、コードの響きを豊かにする「セブンスコード」の概念について解説しています。→ 次の記事「音楽理論 | セブンスコード」