作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

転調~その3~

time 2007/03/29

■転調の手法まとめ

実際の曲作りの現場では前述のような「C-F-G-C」というわかりやすいコード進行をとっている場合は少なく、また転調後のコード進行もすべてIから始まるとは限りません。

またコード進行にはメロディが乗っているため機能や形式、構成音などを崩さない転調の手法が求められます。

この理由から「転調前キーのあるコードを、転調後キーのあるコードに見立てる」という転調の手法はさまざまなパターンに応用できるはずです。(ピボットコードを利用した転調の手法)

また多少強引にでも転調前にドミナントセブンスコードを挿入してしまえば、転調後のコード進行へ流れを作るためにある程度は格好がつきます。(ドミナントモーションを利用した転調の手法)

■全体像をダイアトニックコードで考える

転調のコード進行を構築する時には、まず「転調前の調性」と「転調後の調性」をしっかりと把握して、コード進行をダイアトニックコードの機能で解釈しなおしておくとより作業がしやすくなるはずです。

前述したように「C-F-G-C」というコードをまず「I-IV-V-I」と置き換え、これを「T-SD-D-T」というコードの機能で考えます。

そこからあるコードを別のコードに置換したり、セブンス化してドミナントセブンスにしたりと、最適な方法でコード進行を構築することで、コードの機能自体に影響を与えず、ひいてはメロディに影響を与えず、スムーズな転調を演出できるようになっていきます。

選択できるコードが多くなればその分多彩なアプローチが考えられるため、ダイアトニックコードの概念はここでも大きく役に立ちます。



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索