オンラインレッスンやっています

作曲のアイデアは本当に降りてくるのか?

「作曲のアイデア」の正体

本当に「降りてくる」のか?

ビートルズの「イエスタデイ」はポールが夢の中で思いついたメロディがきっかけとなった、というのはファンにとって有名な話。

よく“降りてくる”とか言われたりしますが、作曲のアイデアというのは本当にそんな風に「降りてくるもの」なのでしょうか。

これについては、本当に人それぞれかと思います。

さらに言えば、曲によってもそれは違うと思います。

本当に稀に見る才能の持ち主であれば、ほとんどの曲を「降りてきた」アイデアによって作ってしまう、人もいるのかもしれません。

いわゆるモーツァルト的な人ですね(笑)。

あと、その「イエスタデイ」のポールのように、特定の一曲について、何かに導かれるようにパパッと作ってしまう、というケースもあります。

やっぱり「意図的な作曲」がほとんど

とはいえ上記のような作曲は特殊で、ほとんどの曲は作曲者の意図的な思考によって作られています

私が20代の頃にインタビューする機会のあったプロ作曲家の方も、「作曲のアイデアは考えて考えて考え抜いた末に生まれる」と語っていました。

この方はいわゆる職業作家で、某男性アイドルグループに曲を提供したりしているベテランです。

そこまでのプロフェッショナルなので、当時の自分からすると「きっとスラスラと作曲しちゃうんだろうな~」と思っていました。

それだけにこの言葉はちょっと驚きで、彼いわく「最初のアイデアに辿り着くまでが難しい」とのことでした。

これも人それぞれかとは思いますが、彼の場合、とにかくめちゃくちゃ考えるらしいです。

楽器も何もない状態で曲のアイデアをひたすら考えて、「これだ!」と思えるところまであれやこれや思考を巡らせてやっとのことで糸口をつかむようです。

職業作家でもそのような苦労を経て曲を作り出しているんですね…。

結局考えるしかない

上記の言葉からも、やっぱり「降りてくるアイデア」がいかに特殊かということがわかります

そうとわかればやることはひとつで、とにかく曲を沢山聴くこと、そして作曲の技術を学んだら、あとは良い曲を生み出すためにアイデアを一生懸命考えることです。

それなくして、名曲は生まれません。

頭で考えすぎていかにも人工的な曲になってしまうパターンもありますが…(笑)。

それでも、作曲とは結局そういう作業なのだと思います。

そうして良い曲が出来上がったときに、また例のあの達成感が感じられるはずです。

私の場合、作曲のアイデアが「降りてくる」ことはほぼないですね(笑)