> オンライン作曲教室はこちら<

音楽理論 | セブンスコード

コードの基本「三和音」

「1度」「3度」「5度」

一般的に「コード(和音)」は、三つ以上の音の集まりを指します。

コードには、基礎の音となる「1度(ルート)」の音と、スケール上でそこから数えた「3度」「5度」にあたる音が含まれ、これら「1度」「3度」「5度」によって、三つの音を使ったコード=「三和音」が形成されます。

ダイアトニックコードで扱われる「I」や「IIm」などは、すべてメジャースケール(「ドレミファソラシド」の並び)をもとにした三和音です。

コードの構成音(三和音):キー=Cでの例

「C(I)」の構成音


  • ド(1度)、ミ(3度)、ソ(5度)
「Dm(IIm)」の構成音


  • レ(1度)、ファ(3度)、ラ(5度)

パワーコード(5度コード)について

エレキギターの伴奏などでは、コード構成音の中の「1度」と「5度」のみを使用したコード「パワーコード(5度コード)」が用いられることがあります。

これは、上記、三和音の構成音のうち、「メジャー/マイナー」を性格づける「3度」の音を省略したもので、広い意味での「三和音」、として捉えることができます。

「3度」を省略することで、コードから感じられる「メジャー/マイナー」の雰囲気が希薄となり、かつ音数が減ることでコードの響きに力強さが生まれます

セブンスコード

三和音はコードの基本でありながら、使われている音が三つであるため、響きがシンプルで、三和音のみを使ったコード進行は、雰囲気がやや単調に感じられます

それを踏まえ、コードの構成音を四つに増やした「セブンスコード(四和音)」を、同じく活用していくことができます。

コードの構成音を増やす

「セブンスコード」はその名の通り、三和音に、「1度」から数えた「7度」にあたる音が付加されたコードです。

「1度」「3度」「5度」「7度」の四つの構成音を持ち、「四和音」とも呼ばれます。

例:「G7」の構成音
  • ソ(1度)、シ(3度)、レ(5度)、ファ(7度)
「G」の構成音「ソ・シ・レ」に、7度の音「ファ」が付加されています。

ダイアトニックコードの四和音

スケールに沿って7度の音を付加する

前述の、ダイアトニックコードでの三和音(「I」や「IIm」等)も、同様に7度の音を付加することでセブンスコード(四和音)とすることができます。

コードの構成音(四和音):キー=Cでの例

「C(I)」に7度の音を付加した例


  • ド(1度)、ミ(3度)、ソ(5度)、シ(7度)
「Dm(IIm)」に7度の音を付加した例


  • レ(1度)、ファ(3度)、ラ(5度)、ド(7度)
メジャースケールに沿って、それぞれ「1度」から数えて「7度」にあたる音が付加され、四和音の構成になっています。

「7度」には二種類ある

下記は、前述の鍵盤の図をもとに、それを横一列に並べて表記したものです。


メジャースケールは鍵盤で言う白鍵にあたる七つの音(ドレミファソラシ)の配置を指していますが、1オクターブ上には、黒鍵の部分を含む12音が存在しています。

また、上記図よりわかるとおり、12音中のメジャースケール7音は、それぞれが等間隔に並んでいません。

そのため、「C(I)」「Dm(IIm)」それぞれで、メジャースケールに沿って「7度」の音を付加した場合、「1度」~「7度」間の音程に違いが生まれます

  • C=「1度」~「7度」の間に10音の隔たりがある
  • Dm=「1度」~「7度」の間に9音の隔たりがある

このように、「7度」には二種類の音が存在し、それぞれは「長7度(ちょうななど)」「短7度(たんななど)」と呼ばれ、区別されています。

  • 「1度」~「7度」の間に10音の隔たりがあるもの=「長7度」
  • 「1度」~「7度」の間に9音の隔たりがあるもの=「短7度」
それぞれは、コード表記の際にも区別され、「長7度」は「M7(メジャーセブン)」、「短7度」は「7(セブン)」が付加されます。

ダイアトニックコード内の四和音の記載と構成音
  • 「CM7(IM7)」=「ド・ミ・ソ・シ」
  • 「Dm7(IIm7)」=「レ・ファ・ラ・ド」
「C(I)」には「M7」が、「Dm(IIm)」には「7」がそれぞれ付加されていることがわかります。

「7度」の「長/短」を取り違えてしまった場合

ダイアトニックコードの成り立ちを前提として、この例での「C(I)」のコードに、「長7度(M7)」が付加されるのは説明の通りですが、もちろん「短7度(7)」を付加した「C7(I7)」というコードも存在します

その場合、「短7度」はメジャースケールから外れた音であるため、それによりできた「C7(I7)」というコードは、ダイアトニックコードには無いコード(ノンダイアトニックコード)として扱われます。

他六つのコードにも同じことが言えて、これは「ダイアトニックコードとしてその四和音を使用したい場合、『長7度』『短7度』のどちらを付加するべきかが決まっている」ということを指しています。

ダイアトニックコード内の各コードを四和音にした一覧

これまでを踏まえ、ダイアトニックコード内の各コードを四和音として表記したものが、下記一覧です。

ダイアトニックコードの四和音での表記:キー=Cでの例

IM7 IIm7 IIIm7 IVM7 V7 VIm7 VIIm7-5
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7-5
三和音を使用するのと同じ感覚で、これらを使用することができます。

「音楽理論」の記事一覧