オンラインレッスンやっています

音楽理論 | フラットファイブ

こちらの記事では、コードの種類のひとつである「フラットファイブコード」について解説していきます。

また記事中盤から後半にかけては、その利用方法についてもあわせて解説します。

フラットファイブコードの概要

メジャー/マイナーコードの構成音のうち、5度の音を半音下げたものを「フラットファイブ」コードと呼びます。

ポピュラー音楽において、フラットファイブはセブンスコードおよびマイナーセブンスコードに利用されることがほとんどです。

フラットファイブコードとの構成音の比較

  • A7 = ラ、ド#、ミ、ソ
  • A7-5 = ラ、ド#、ミ♭、ソ
  • Am7 = ラ、ド、ミ、ソ
  • Am7-5 = ラ、ド、ミ♭、ソ

上記メジャー・マイナーどちらの場合においても、構成音の中の5度の音(この例では「ミ」)が、フラットファイブコードになることで半音下がっています。

マイナーセブンフラットファイブ頻出の形:キー=C

ツーファイブ型

ドミナントセブンス「V7」の直前にサブドミナントの機能を持つ「IIm」を連結した「IIm → V」の構成=ツーファイブにおいて、「IIm7」を「IIm7-5」とすることでフラットファイブコードを使用することができます。

  • Dm7-5 → G7 → C(IIm7-5 → V7 → I)
通常の「Dm7(IIm7)」に比べて少し不安定な響きとなり、「G7(V7)」に対しての結びつきがより強く感じられます

これは「Dm7(IIm7)」が「Dm7-5(IIm7-5)」となることで、コードの中に「ソ#」が生まれて、「G7(V7)」のルート音「ソ」への半音下降のラインがつくられるためです。

また、そもそも「IIm7 → V」型そのものが強進行の構成であるため、「IIm7-5」によってさらに結びつきの強い構成になっている、とも解釈することができます。

あわせて、上記と同じ理由からセカンダリードミナントのツーファイブ型にもフラットファイブコードは頻繁に活用されます。

  • Em7-5 → A7 → Dm(IIIm7-5 → VI7 → IIm)
  • Bm7-5 → E7 → Am(VIIm7-5 → III7 → VIm)
セカンダリードミナントである「A7(VI7)」や「E7(III7)」に対してツーファイブの形を作り、そこで使用される「仮のIIm7」がフラットファイブの状態で使用されています。

「Dm7(IIm7)」での例と同じように、セカンダリードミナントに対しても半音進行のラインが生まれ、通常の「仮のIIm7」の状態よりも結びつきがより強く感じられるところが特徴です。

サブドミナントマイナーの用法

「IIm7-5」は「IVm」と代理の関係にあるため、「IVm」からの置き換えとして活用されることがあります。

  • Dm7-5 → C(IIm7-5 → I)
この例では、本来「Fm → C(IVm → C)」という構成となるところ、「Fm(IVm)」を「Dm7(IIm7-5)」に置き換えています。

響きや機能は「Fm(IVm)」とほぼ同じで、「Dm7(IIm7)」を使用することで、「D → C」というスムーズなベースラインの流れが生まれています

このように、一般的な代理コードの場合と同じく、ベースラインや前後のコードとの兼ね合いにより、「IVm」からの置き換えとして「IIm7-5」の利用が検討されます。

動画で解説

文章ではよくわからない!」という方のために、下記動画でもフラットファイブコードについて解説しています。

是非参考にしてみてください。

まとめ

下記、フラットファイブコードのまとめです。

  • フラットファイブコードは、セブンスコードとマイナーセブンスコードに利用されることがほとんど
  • マイナーセブンフラットファイブは「ツーファイブ型」と「サブドミナントマイナー型」として主に活用される

次の記事では、コード進行の特徴的なコードとして活用される「裏コード」の詳細について解説しています。→ 次の記事「音楽理論 | 裏コード」