メジャーセブンフラットファイブ/マイナーセブンフラットファイブ

フラットファイブ系のコードは、メジャー/マイナーコードの構成音のうち、5度の音を半音下げることで作ることができます。音の響きを優先して、作曲においてはセブンスコード/マイナーセブンスコードをフラットファイブとして使用することがほとんどです。

セブンスコードとマイナーセブンスコードの構成音の比較

【セブンスコード】

  • A7 = ラ、ド#、ミ、ソ
  • A7-5 = ラ、ド#、ミ♭、ソ

【マイナーセブンスコード】

  • Am7 = ラ、ド、ミ、ソ
  • Am7-5 = ラ、ド、ミ♭、ソ

どちらの場合においても、構成音の中の5度の音(ミ)がフラットファイブコードになることで半音下がっています。

マイナーセブンフラットファイブ頻出の形(キーC)

セカンダリードミナントのツーファイブ型

【例】

  • IIIm7-5 → VI7 → IIm (Em7-5 → A7 → Dm)
  • VIIm7-5 → III7 → VIm (Bm7-5 → E7 → Am)

セカンダリードミナントである「仮のV7」に対する「仮のIIm7」を、フラットファイブに変形させています。「IIm7 → V7」というコード進行の形があることを前提として、その中の「IIm7」をフラットファイブのコードに置き換えて利用することができます。

サブドミナントマイナーの用法

【例】

  • IIm7-5 → V7 → I (Dm7-5 → G7 → C)

前述の「IIm7 → V7」の形と観点は同じですが、「IIm7-5」がサブドミナントマイナーコード「IVm」の代理コードであるため、こちらのコード進行では「サブドミナントマイナーコードを代理する」という目的でフラットファイブのコードが使用されています。

マイナーセブンフラットファイブのコードは、基本的にセブンスコードの前に配置して、「IIm7 → V7」の形で利用するとすっきりまとまるはずです。構成音のつながりから、通常のマイナーセブンコードに比べて、より「V7」への結びつきが強く感じられます。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室