音の「4度上昇(または5度下降)」の進行は「強進行」と呼ばれており、音と音の関係として強い結びつきを感じさせます。

「G → C」「E → A」「F → B♭」など

ダイアトニックコード内での「V → I」は強進行で、これを踏まえるとドミナントモーション(V7 → I)は強進行を利用した手法である、と解釈することができます。

あるコードに対して強進行を作りたい場合には、そのコードのドミナントコードを思い浮かべ、その前に配置することで瞬時に対応することができます。

また、ルートが4度上昇していれば、それぞれがどんなコードでも「強進行」と解釈できます。(例:「G → C、Gm → Cm、Gm → C」など、どれもルートのつながりは強進行)

ダイアトニックコード内の進行で「強進行」を活用するアイディア:キーC

ルート音のつながりが「強進行」になるようにコード進行を組み立てていくと、それぞれのコードがスムーズにつながっていきます。

1.ドミナントモーション型

例: V → I (G → C)
「トニック=I」の前に「ドミナント=V」を挿入することでルート音「V → I」の強進行が生まれて、トニックへのスムーズな解決(安心感)が得られます。

2.ツーファイブ型

例: IIm → V (Dm → G)

「サブドミナント→ドミナント(IV → V)」というスタンダードなつながりをさらにスムーズにするため、「IV」を「IIm」で代理して「IIm → V」という構成にすることで強進行を作り出すことができます。(ルート音=II → V)

サブドミナントからドミナントへの流れは、「IV → V」よりも「IIm → V」の方が好まれる傾向が強く、ルートのつながりからこのコード構成は「ツーファイブ」と呼ばれています。
※「IIm」は多くの場合、四和音の「IIm7」として利用されます。(セブンスを付加することで構成音がIV に近づくため)

また、このツーファイブの概念を元として、すべての「V7」の前には「IIm」を挿入することができるため、セカンダリードミナントの前にも「仮のIIm7」の配置を検討することができるようになり、コード進行のアイディアはさらに広がっていきます。

セカンダリードミナントをツーファイブにした例

[配置前] I → I7 → IV (C → C7 → F)

[配置後] I → Vm7 → I7 → IV (C → Gm7 → C7 → F)
※ セカンダリードミナント「C7 」に対する仮のIIm7 = 「Gm7 」が挿入されている。

3.他
  • I → IV (C → F)
  • IIIm → VIm (Em → Am)
  • VIm → IIm (Am → Dm)

ダイアトニックコード内では他にも強進行になる構成が考えられます。コード進行のスムーズなつながりを求める場合には、コードを代理させるなどして随時対応していけるようになると理想的です。

→次項『サブドミナントマイナー』


作曲教室もやっています