音楽理論 | サブドミナントマイナー

こちらでは、コード進行の技法のひとつである「サブドミナントマイナー」について解説していきます。

「サブドミナントマイナー」とはどのようなコードなのか、そして記事後半にかけてサブドミナントマイナーの使用方法や、その代理となるコードについても考えていきます。

「IV」をマイナーとして使用する

サブドミナント「IV」をマイナーとしたコード「IVm」を「サブドミナントマイナーコード」と呼び、ダイアトニックコードに無いコード(ノンダイアトニックコード)として比較的手軽に利用することができます。

サブドミナントマイナーは通常の「IV」と同じくサブドミナントの機能を持つため、コード進行中の「IV」を置き換える形で配置します。

サブドミナントマイナー配置の例:キー=C

  • C → Fm → G → C(I → IVm → V → I)
前後の関係を考慮せず「IV」をそのまま「IVm」に置き換えて使用することができます

また、上記のような単体での利用以外にも、「IVm」への準備として、直前に「IV」を配置する構成もよく見かけられます。

  • C → F → Fm → G → C(I → IV → IVm → V → I)
「IV」が事前に鳴ることで、マイナーへの変化をよりはっきりと感じられます

これ以外にも、「IVm」から派生したコードとして、「IVm7」や「IVm6」なども同様にサブドミナントマイナーとして広く利用されています。

  • Fm7(IVm7)
  • Fm6(IVm6)

サブドミナントマイナーの代理コード

サブドミナントマイナーの代理コード例:キー=C

サブドミナントマイナーには「IV」以外にもいくつかの代理コードが認められています。

「IV」の代理コードである「IIm」を活用した「IIm7-5」はその代表的な例です。

  • C → Dm7-5 → G → C(I → IIm7-5 → V → I)
「IVm」に比べてコードの構成音が複雑になることで、よりクラシカルな雰囲気が生まれています。

また、上記以外にも、サブドミナントマイナーの代理コードとして以下のコードが活用されています。

  • D♭M7(♭IIM7)
  • A♭7(♭VI7)
  • A♭6(♭VI6)
  • B♭7(♭VII7)

曲調や他のメロディラインなどを考慮する際に、「IVm」からのバリエーションとして代理コードを覚えておくと重宝するはずです。

動画で解説

文章ではよくわからない!」という方のために、下記動画でもサブドミナントマイナーについて、実演を交え解説しています。

是非参考にしてみてください。

まとめ

下記、サブドミナントマイナーのまとめです。

  • サブドミナントマイナーは、ダイアトニックコード内のIVをマイナーにすることで作ることが出来る
  • 「サブドミナント」としての機能は維持されるため、通常のサブドミナントから置き換える形で使用することができる
  • さまざまな代理コードがあり、なかでも「IIm7-5」はその代表的なものである

また、次の記事では、印象的なコード進行を演出したいときに活用できる「クリシェ」の手法について解説しています。→ 次の記事「音楽理論 | クリシェ(1)概要と代表的な使用例」