音楽理論 | サブドミナントマイナー

こちらでは、コード進行の技法のひとつである「サブドミナントマイナー」について解説していきます。

「そもそもサブドミナントマイナーとはどのようなコードなのか?」ということ、そしてサブドミナントマイナーの使用方法などについても考えていきます。

あわせて、記事最後では動画による解説も行います。

「サブドミナントマイナー」の概要

「サブドミナントマイナー」とは、その名前のとおり「サブドミナント」を「マイナー」にしたものです。

通常、「ダイアトニックコード内にある四番目のコード」は「サブドミナント」という機能を持っており、このコードはどんなキーにおいても常に「メジャー」になっています。

例:キー=C のダイアトニックコード

※上記例の表でいう「F」が「四番目のコード」です。

サブドミナントマイナーの概念は、この例で言えば「『F』以外に『Fm』も使える」ということを意味します。

本来ダイアトニックコードに無いコード(ノンダイアトニックコード)である「Fm」が活用できることによって、コード進行のアプローチはさらに広がっていきます

「サブドミナントマイナー」の使用方法

通常の「IV」の代りに使用する

サブドミナントマイナーは通常の「IV」と同じく「サブドミナント」の機能を持っています。

これは「置き換えが出来る」ということを意味しており、上記のキー=Cの例で言えば、「C → F」というコード進行と共に「C → Fm」というコード進行も検討できる、ということにつながります。

下記は、通常の「スリーコードのみによる構成」と「サブドミナントマイナーを活用した構成」の比較(キー=C)です。

スリーコードのみによる構成

C → F → G → C
(I → IV → V → I)

サブドミナントマイナーを活用した構成

C → Fm → G → C
(I → IVm → V → I)
ここでは既に述べたように「F」を「Fm」に置き換えただけですが、このように前後の関係を考慮せずそのまま置き換える形でサブドミナントマイナーを使用することができます。

また、上記のようなサブドミナントマイナー単体での利用以外にも、その直前に「IV」を配置して、「IV → IVm」というコードの変化をあえて聴かせる構成もよく見かけられます。

C → F → Fm → G → C
(I → IV → IVm → V → I)
直前で「F」が鳴っていることで、マイナーへの変化をよりはっきりと感じられます

この「IVm」以外にも、そこから派生したコードとして、「IVm7」「IVm6」なども同様にサブドミナントマイナーとして広く利用されています。

C → F → Fm6 → G → C
(I → IV → IVm6 → V → I)
「IVm7」や「IVm6」は、三和音である「IVm」に比べて構成音が多く響きが豊かであるため、目指す曲調によってそれぞれを使い分けてみて下さい。

サブドミナントマイナーの代理コード

「IVm」系以外にもあるサブドミナントマイナー

既に述べたとおり、サブドミナントマイナーは「『IV』をマイナーにする」という発想により導くことができるコードです。

その上で、「IVm」と似た響きを持ったコードも、同様に「サブドミナントマイナー」にあたるコードとして活用されます。

「IV」の代理コードである「IIm」を活用した「IIm7-5」はその代表的な例です。

下記は、既にご紹介した「サブドミナントマイナーを活用した構成」と、それをさらに「IIm7-5」によって置き換えた構成の比較です。

サブドミナントマイナー(IVm)を活用した構成

C → Fm → G → C
(I → IVm → V → I)

「IVm」を「IIm7-5」に置き換えた構成

C → Dm7-5 → G → C
(I → IIm7-5 → V → I)
「IVm」に比べてコードの構成音がさらに複雑になることで、よりクラシカルな雰囲気が生まれています。

上記以外にも、サブドミナントマイナーの代理コードとして以下のようなコードが活用されています。

サブドミナントマイナー代理コードの例(キー=C)

  • D♭M7(♭IIM7)
  • A♭7(♭VI7)
  • A♭6(♭VI6)
  • B♭7(♭VII7)

曲調や他のメロディラインなどを考慮する際に、「IVm」からのバリエーションとして代理コードを覚えておくと重宝するはずです。

動画で解説

文章ではよくわからない!」という方のために、下記動画でもサブドミナントマイナーについて、実演を交え解説しています。

是非参考にしてみてください。

まとめ

下記、サブドミナントマイナーのまとめです。

  • サブドミナントマイナーは、ダイアトニックコード内のIVをマイナーにすることで作ることが出来る
  • 「サブドミナント」としての機能は維持されるため、通常のサブドミナントから置き換える形で使用することができる
  • さまざまな代理コードがあり、なかでも「IIm7-5」はその代表的なものである

サブドミナントマイナーは特徴的な響きを持っているため、コード進行のアクセントとなる様な利用ができると理想的です。

通常のサブドミナントコードから置き換える形で、気軽に利用してみてください。
また、次の記事では、印象的なコード進行を演出したいときに活用できる「クリシェ」の手法について解説しています。→ 次の記事「音楽理論 | クリシェ(1)概要と代表的な使用例」