高音連打型

印象に残るメロディの形としてまず挙げることができるのが、ひとつの高音を短い音符に乗せて連続して鳴らす「高音連打型」です。以下は既存曲の中での例です。

既存曲の例
  • 松任谷由実「恋人がサンタクロース」
  • 「恋人ががサンタクロース~」(「こいびとがさ」まで)

  • 平井堅「瞳をとじて」
  • 「ひーとみーをとーじてー~」(「ひーとみーをと」まで)

  • ユニコーン「大迷惑」
  • 「この悲しみをどうすりゃいいの~」(「このかなしみを」まで)

  • 渡辺美里「My Revolution」
  • 「わかりはじめたMy Revolution~」(「わかりはじめた」まで)

短い音を連打する、という単純なものでありながら、そこに「繰り返し」と「高い音」の二つの性質が上手く反映されていてリスナーに印象付けるという意味でとても効果的な手法であるといえます。

また上記の例はすべてふたつめのメロディにも同じ音形が使われており(「恋人がサンタクロース」のふたつめのメロディは「本当はサンタクロース」で同様に高音連打型、「瞳をとじて」、「大迷惑」、「My Revolution」もふたつめのメロディ最初は高音連打型)、単体で繰り返しのタイプとなっている「高音連打型」をメロディ全体としてさらに繰り返すことで、サビそのものをよりリスナーに印象付けるよう配慮されています。

導入部により流れを作る

この「高音連打型」は前後の流れに関係なく簡単に適用出来るため、作曲の手法としてひとつ覚えておくと、サビに限らずいろいろな場面で重宝するはずです。

反面で、使っている音がひとつであり、リズムも連続型でフレーズの形がシンプルなものであるため、利用に際しては幼稚な印象を与えてしまわないように配慮が必要です。

使用する場所を制限したり、また「瞳をとじて」のサビ前「your love forever~」のようなメロディアスな導入部を設けることでその後のシンプルさを際立たせたり、意味を持たせるようなメロディ構築が出来るようになると作品がより洗練されたものに仕上がっていきます。→次項『メロディの形~その2~』


作曲教室もやっています