作曲教室やってます

作曲のコツ | 曲形式

形式1「Aメロ→Bメロ→サビ」

80年代以降のポップスの中ではかなり頻繁に登場する形式で、シンプルな構成でありながらも、三段階の展開によりストーリーを演出しやすいところが特徴です。ロック・ポップスには適した構成であるといえます。

Aメロ

導入部であるため、リスナーには落ち着いた雰囲気が好まれます。また、曲に引き込ませる為のつかみを設ける事も考慮して構築していけると理想的です。

Bメロ

Aメロとサビをつなぐ中間のパートで、Aメロの提示を上手に受け継ぎ(またはまったく場面転換して)サビへと盛り上がっていく、という性質が求められるます。

Bメロは比較的制約の少ないブロックである為、理論的に説明がつかないような、個性的な手法も許されていますが、あくまでサビより目立たないということが前提となります。

サビ

曲の中で一番聴かせたい部分であり、曲の一番の売りとなるブロックです。作り手のセンスを大いに発揮して、いかに印象付けるか、ということを考えながら、型にとらわれず、自由な発想で構築していきたいところです。

形式2「Aメロ→Bメロ→Aメロ」

ひとつの提示部とひとつの展開部を持った形式で、70年代のフォークソングや洋楽などで頻繁に見かけられます。

Aメロ

形式1でのAメロが導入部であるとすれば、この形式は段階的に盛り上がるサビを持たないため、ここでのAメロは曲の顔であり、曲の始まりで一番印象に残るブロック=いわばサビである、とも捉えることが出来ます。

曲を印象付けるための配慮が必要となります。

Bメロ

「ブリッジ」とも呼ばれているブロックで、二つのAメロの真ん中で違った展開を聴かせる機能を持ちます。その後にサビを持たないため、形式1の時のBメロに比べて単体で盛り上がる傾向が強く、Aメロとは違った良さが求められます。

Aメロ(Bメロ後)

1回目のAメロとまったく同じ構成でも構いませんが、2回目のAメロはあえて少し変化させ、落ち着いたものに仕上げていく手法もよくとられています。