オンラインレッスンやっています

作曲のコツ | メロディに使われる音符の種類

音符の種類により雰囲気が変わる

メロディの中で主体となる音符の種類を明確にする

メロディはそれぞれ、どんな音符を主体としているか、という観点で分類することが出来ます。

下記は、童謡「いぬのおまわりさん」の歌い出しです。

「ま.い.ご.の.ま.い.ご.の~」
これは、8分音符を主体としたメロディとして分類できます。

「タタタタ…」という、畳み掛けるような8分音符のリズムが、前進していくような雰囲気を演出しています。

また、童謡「チューリップ」の歌い出しは

「さーいーたー.さーいーたー」
というように、4分音符が主体となっており、どっしりとした雰囲気が感じられます。

これらの例のように、メロディがどんな音符を主体として成り立っているかによって、そこから感じられる雰囲気は大きく変わります

メロディを考える際には、そこでどんな音符を主体として使っていくか、ということを考えながら作業を進めていくことが大切です。

音符への配慮を曲展開に応用する

曲展開を考える際にも、上記概念を活用することが出来ます。

具体的には「A」「B」「サビ」などの各ブロックで、メロディに使われる音符の種類を変え、それぞれの持つ雰囲気の差別化を図ります。

メロディに使われる音符の種類に配慮したブロックの構成例

  • Aメロは緩やかに始めたいので、「2分音符」を主体として静かな雰囲気のあるメロディとする
  • Bメロは勢いをつけたいので、「付点4音符」を多用して、伸びやかな雰囲気のあるメロディとする
  • サビは緊張感を出すために「8分音符」と「16分音符」を主体として、畳み掛けるような雰囲気のあるメロディとする

ブロックごとにどんな印象を持たせたいのかを考え、それにあった音符を使いながらメロディを構成していきます。

上記の通り、曲の場面転換を明確に提示したい場合、それぞれのブロックにて、メロディがどんな音符によって成り立っているかを把握し、それらに気を配りながら構成を考えていくと効果的です。