■転調を操る 

ロック・ポップスにおいて、転調の導入は曲展開に大きな刺激を与えます。転調を使うことでありがちなコード進行を少し特徴的なものにしたり、また大胆な転調で曲を大きく展開させリスナーに強いインパクトを与えたりと、その使用方法はさまざまです。

独学で作曲を行っている場合、感覚によってコードをつなげていくことで「知らないうちに転調していた」ということがよくありますが、転調の種類や手法を知って意図的に転調を操れるようになるとより作れる曲の幅が広がっていきます。

■調というもの、代表的な種類

「転調」とはすなわち「調の転換」の意味で、これを行うにはまず「『調』とは何か」を最低限把握しておく必要があります。ここではより実用的な知識として「調の種類」と「それらの関係」を整理しておきましょう。

【主調】

まず曲には「キーとなる調」が存在しますが、これを『主調(しゅちょう)』と呼びます。「C-F-G-C」のようなコード進行では「C」が主調となり、各調はこの主調を軸に割り出していきます。ここではわかりやすく「メジャーの場合」、「キー(主調)=C」として話を進めていきます。

【属調と下属調】

キー「C」(ダイアトニックコードでいうI)に対してそのドミナント(V)である「G」のキーを『属調(ぞくちょう)』と呼びます。またサブドミナント(IV)の「F」のキーは『下属調(かぞくちょう)』と呼び、これらは馴染み深い上記「C-F-G-C」というコード進行をもとに

 『主調-下属調-属調-主調』(C-F-G-C)

と覚えると理解しやすいはずです。

【平行調】

キー「C」にはダイアトニックコード上、代理マイナーの「Am」というコードが存在しています(ダイアトニックコードでいうVIm)。これを調性上『平行調(へいこうちょう)』と呼びます。

【同主調】

キー「C」を単にマイナー化しただけの「Cm」(Im)は『同主調(どうしゅちょう)』と呼びます。

ダイアトニックコードに関係するこの『属調』と『下属調』、『平行調』、そして同じルートを持つ『同主調』はキー『主調』と強いつながりを持っており、音楽理論上では『近親調』と呼ばれ、転調などで扱いやすい調とされています。

【他】

ダイアトニックコード「V」には代理マイナーの「IIIm」(この場合「G」に対する「Em」)が存在しており、これを『属調』の平行調であることから『属調平行調』と呼んでいます。同様に「IV」にも代理マイナー「IIm」(この場合「F」に対する「Dm」)が存在しており、これは『下属調』の平行調であることから『下属調平行調』と呼びます。これらも一般的に近親調に含まれます。

■調の種類と関係(近親調のまとめ)

各調の呼び名をダイアトニックコードの表記と共にもう一度整理してみましょう。

  • キー(ダイアトニックコードI)・・・『主調』
  • ドミナント(ダイアトニックコードV)・・・『属調』
  • サブドミナント(ダイアトニックコードIV)・・・『下属調』
  • 代理マイナー(ダイアトニックコードVIm)・・・『平行調』
  • ドミナントの代理マイナー(ダイアトニックコードIIIm)・・・『属調平行調』
  • サブドミナントの代理マイナー(ダイアトニックコードIIm)・・・『下属調平行調』
  • キーをマイナー化(ノンダイアトニックコードIm)・・・『同主調』

一見ややこしい各調の関係も、ダイアトニックコードと関連付けておく事で効率よく理解していくことが出来ます。→次項『転調~その2~』


作曲教室もやっています