「ダイアトニックコード」とは「相性の良いコードのグループ」で、あるキーのスケール各音上に3度ずつ音を重ねていく事で求める事ができます。

キーC のダイアトニックコード

  • 「3度ずつ=ひとつ飛ばし」で音を重ねることで、コードが作られています。
  • 上記の通りメジャーダイアトニックコードは「ドレミファソラシ(ド)」により七つのコードが存在しており、キーで依存されないようにその位置によってローマ数字(I、II、III ・・・)により区別します。

ダイアトニックコードはコード進行構築の土台となります。次なるコードをダイアトニックコードの中から選んでいくことで、特定のキーをよりどころとした統一感のある展開を構築していくことができます。

→次項『スリーコード』


作曲教室もやっています