作曲勉強会やります

音楽理論 | ダイアトニックコードとスリーコード

ポップス・ロックにおけるコードを使った作曲に欠かせない「ダイアトニックコード」という概念があります。

こちらのページでは「ダイアトニックコードとはそもそも何なのか?」ということ、そして「コードが持つ機能」について解説します。

あわせて、そこに含まれる代表的なコードである「スリーコード」とその活用方法についてもご紹介します。

ダイアトニックコードの概要

スケールをもとに作られるコードのグループ

「ダイアトニックコード」とは「相性の良いコードのグループ」のようなもので、あるキーのスケール各音上に3度ずつ音を重ねていく事で求める事ができます。

以下は「キー=C」のスケール(Cメジャースケール)である「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」と、それらをもとにした「Cダイアトニックコード」の一覧です。

※「メジャースケール」について詳しくは下記ページをご確認ください。

音楽理論 | メジャースケールの内容とその覚え方、割り出し方、なぜ必要なのか?について

例:キー=C のダイアトニックコード

この表を見てわかる通り、スケール内の各音を起点として、そこから3度ずつ=ひとつ飛ばしで音を重ねることでコードが作られています。

(「ド」の次に、「レ」を飛ばして「ミ」を重ねる…というような意味です)

スリーコード

ダイアトニックコードの中でも、前述の表の中の「C」「F」「G」にあたる三つのコードは特に主要なコードとして「スリーコード」という呼び名で扱われます。

(音階の位置では一番目、四番目、五番目にあたるコードで、それぞれは「I」「IV」「V」というように表記されます)

スリーコードはそれぞれに機能を持っています。下記はその一覧です。

  • 「I(C)」= 安定(トニック:T) 「落ち着く」
  • 「IV(F)」= 一時不安(サブドミナント:SD) 「少し落ち着かない」
  • 「V(G)」= 不安(ドミナント:D) 「落ち着かない」
スリーコードにあるこれら三つのコード機能はコード進行構築の基本となります。

カデンツ

前述の「安定」「一時不安」「不安」という三つの機能は、コード進行が持つストーリーの軸となります。

コード機能によるストーリーは「安定(トニック)に回帰する」ことを基本として、最小構成で主に以下の三種類に分類されます。

  • 「T – D – T」(C → G → C)
  • 「T – SD – D – T」(C → F → G → C)
  • 「T – SD – T」(C → F → C)
これら三つの終止形は「カデンツ」と呼ばれます。

まとめ

下記、ダイアトニックコードとスリーコードのまとめです。

  • 「ダイアトニックコード」とは「スケールをもとに作られるコードのグループ」である
  • 中でも「I」「IV」「V」は主要な三つのコードとして「スリーコード」と呼ばれる
  • コードが持つ機能を活用して、コード進行のストーリーを演出する

上記をもとに、スリーコードの中でいくつかコードを繋げながら、コード進行が持つ「安定→不安定」という「波」を体感してみて下さい。

ダイアトニックコードはコード進行の基本です。
次の記事では、スリーコードを発展させた「代理コード」の概念について解説しています。

音楽理論 | 代理コード