オンラインレッスンやっています

音楽理論 | ダイアトニックコードとスリーコード

相性のいいコードのグループ

「ダイアトニックコード」とは「相性の良いコードのグループ」で、あるキーのスケール各音上に3度ずつ音を重ねていく事で求める事ができます。

例:キー=C のダイアトニックコード

  • 「3度ずつ=ひとつ飛ばし」で音を重ねることで、コードが作られています。(「ド」の次に、「レ」を飛ばして「ミ」を重ねる…というような意味です)
  • 上記の通りメジャーダイアトニックコードは「ドレミファソラシ(ド)」により七つのコードが存在しており、キーで依存されないようにその位置によってローマ数字(I、II、III ・・・)により区別します。

ダイアトニックコードはコード進行構築の土台となります。

次なるコードをダイアトニックコードの中から選んでいくことで、特定のキーをよりどころとした統一感のある展開を構築していくことができます。

スリーコード

ダイアトニックコードの中でも、特に「I」「IV」「V」の三つのコードは主要なコードとして「スリーコード」という呼び名で扱われます。

スリーコードはそれぞれに機能を持っていて、それら三つのコード機能はコード進行構築の基本となります。

「I」「IV」「V」とそれぞれが持つ機能:キー=C

  • 「I(C)」= 安定(トニック:T) 「落ち着く」
  • 「IV(F)」= 一時不安(サブドミナント:SD) 「少し落ち着かない」
  • 「V(G)」= 不安(ドミナント:D) 「落ち着かない」
三つのコード機能を把握した上で「安定」「一時不安」「不安」のそれぞれの雰囲気を操りながらコードをつなげていくことで、コード進行のストーリーを演出していくことができます。

カデンツ

コード機能によるストーリーは「安定(トニック)に回帰する」ことを基本として、最小構成で主に以下の三種類に分類されます。

  • 「T – D – T」(C → G → C)
  • 「T – SD – D – T」(C → F → G → C)
  • 「T – SD – T」(C → F → C)
これら三つの終止形は「カデンツ」と呼ばれます。

まとめ

下記、ダイアトニックコードとスリーコードのまとめです。

  • 「ダイアトニックコード」とは「相性の良いコードのグループ」である
  • 主要な三つのコードを「スリーコード」と呼ぶ
  • コードが持つ機能を活用して、コード進行のストーリーを演出する

上記をもとに、スリーコードの中でいくつかコードを繋げながら、コード進行が持つ「安定→不安定」という「波」を体感してみて下さい。

ダイアトニックコードはコード進行の基本です。
次の記事では、スリーコードの発展について解説しています。→ 次の記事「音楽理論 | 代理コード」