作曲の才能診断|10個の質問に答えて作曲センスの有無や適性を診断するページ

作曲に興味を持ったものの

そもそも自分には作曲の才能があるのかな?

と不安になってしまう人も多いはずです。

また、既に作曲を少し始めていて「自分には才能が無いのかも?」と不安になっている人もいるのではないでしょうか。

ここで述べている「作曲の才能」は、本来トレーニングによって身につけることができるもの(※後述)ですが、とはいえ根本的に「向き/不向き」があるのも事実です。

memo
私自身も日頃から作曲の先生としていろいろな人を見てきている中で、それを痛感しています。

このページでは、そんないわゆる「作曲の才能・適正」のようなものを大まかに確認できるよう、いくつかの項目を洗い出してみました。

これに沿って診断を実施すれば、現時点で

  • 自分は作曲に向いているか?
  • 作曲をこなせる能力が自分にある程度備わっているか?

を把握できるはずです。

診断は10個の質問に「はい/いいえ」で答え、その「はい」の数を数えるだけですので、まずは気楽にやってみてください。

※診断の結果がいまいちでも、作曲の才能は養うことができます。その点についてもページの最後に解説しています。

作曲の才能診断:10個の質問

以下10個の質問に「はい」または「いいえ(そうでもない)」のどちらかで答えて下さい。

その際、「はい」の数を数えておいてください。

(「はい」の数によって診断結果が変わります)

  • 質問1. 子供の頃から音楽が好きですか?
  • 質問2. 日常的に鼻歌をよく歌いますか?
  • 質問3. ほぼ毎日30分以上音楽を聴きますか?
  • 質問4. パズルを解くのが好き/得意ですか?
  • 質問5. データを元に検証したり分析したりすることが好きですか?
  • 質問6. ピアノまたはギターが少しでも演奏できますか?
  • 質問7. 「おはよう」など、なにげない言葉をメロディにして歌えますか?
  • 質問8. 音を重ねる/ハモる、ということの意味や音の雰囲気がイメージできますか?
  • 質問9. 音楽に合わせて手拍子ができますか?
  • 質問10. ひそかに自分が好き、または自分のことを認めていますか?

おつかれさまでした!結果はこれ以降で確認できます。

作曲の才能診断:結果

以下は、診断結果です。

「はい」の数:0~3個
【才能区分:低】なかなか厳しい
作曲に必要となるいろいろな能力がまだそこまで養われていません。現時点では、曲を作り上げたり、そもそもメロディやハーモニーを生み出すことにも苦労することから、作曲を楽しいと思えない可能性も高いです。
「はい」の数:4~7個
【才能区分:中】成長は努力次第
作曲に必要な能力がある程度備わっている状態です。音楽の仕組みが感覚的には理解できているため、自分に合ったやり方を見つければ作曲を楽しいと思えて、努力次第では早めに一般的なレベルの曲が作れるようになるはずです。
「はい」の数:8~10個
【才能区分:高】才能あり
作曲の才能があります。現時点で作曲をするために必要なあらゆる感覚が既に身に付いている状態のため、ちょっとしたコツをつかむだけですぐに曲が作れるようになります。楽しすぎて作曲にハマってしまうことも考えられます

いかがだったでしょうか?

上記で挙げた質問は、すべてが作曲を円滑にこなすために必要となる能力を確認するためのものです。

診断の項目について、以下より詳しく解説します。

10個の質問:意図と解説

質問1. 子供の頃から音楽が好きですか?

この質問は、

  • 「音楽とは何か?」を理解しているか否かを問うもの
  • 「作曲をするモチベーションを保てるか」を確認するためのもの

です。

作曲は文字通り「音楽を作ること」であるため、それがどのようなものであるかがイメージできないと作業をスムーズに進めていくことができません。

音楽が何かを知らない人はほとんどいないかと思いますが、そこに馴染みが薄いと自分の中に蓄積されている音楽の情報量が少なく、思いどおりにそれを形にしていけないのです

また、小さなころから音楽が好きだということはそのまま「曲を作ってみたい」という意欲にもつながります。

check
この点をクリアできるかが、まず作曲を始めるにあたり大きな意味を持ちます。

質問2. 日常的に鼻歌をよく歌いますか?

次の質問は「メロディを思い描くことができるか?」を問うためのものです。

作曲の中心的な作業になるのがこの「メロディ作り」で、特にポップス・ロック等の作曲においてはそれを歌で表現していくことが求められます。

思い浮かんだメロディを声に出して作る、ということは

  1. 頭の中でメロディをイメージする
  2. それを脳内で音階やリズムを踏まえてつなげる
  3. 声として体の外に出す

というような工程を経て行われるものです。

そのために効果があるのが「鼻歌」で、これを日常的にやっている人ほどメロディ作りが上手い傾向にあります。

check
ここでは「鼻歌」としていますが、それ以外にもカラオケに行ったり、より平たくいえば「普段から歌っているか?」ということがこの質問の要となる部分です。

つまり、この質問に「はい」と答えられる人はメロディ作りをスムーズに進めていける才能を持っている、ということになります。

質問3. ほぼ毎日30分以上音楽を聴きますか?

作曲は、自分の中に蓄積された音楽を外に出す作業です。

インプットの量は直接アウトプットの量や質に影響するため、この質問はいわば

日頃からきちんと音楽をインプットしていますか?

ということを確認するものです。

日常的にそれができている人ほど新鮮な音楽が自分の中にたまっている状態で、それを活用してアイディアを曲にしていくことができます。

また、音楽を聴くことは「こんな曲を作ってみたいな」という刺激にもつながるため、この質問は「作曲のモチベーションを保てるか?」という点にもつながります。

check
「作曲の才能」は、ここまでにいくつか挙げたように「曲作りに対してモチベーション=動機や意欲を持てるか?」ということ、とも言い換えることができます。

質問4. パズルを解くのが好き/得意ですか?

曲を作る、という行為はある意味で理系的な感覚が求められるものです。

「1+1」が「2」になることを「気持ち良い」と思えるように、メロディやハーモニー・リズムの組み立てを気持ち良いと思えるか否かが「作曲を楽しいと思えるか?」につながります。

ここでの質問はそんな感覚の有無を問うもので、ここで例として挙げた「パズルを楽しみながら解けるような感性」を持ち合わせているほど、熱意を持って作曲に取り組むことができます。

質問5. データを元に検証したり分析したりすることが好きですか?

作曲の上達につながるのが「曲を分析できる力」で、これはつまり

  1. 曲の成り立ちが理解できる
  2. 成り立ちがわかっていることで自分でもそれを作れるようになる

という流れに乗れることを意味します。

自分の行っていることをデータとして捉え、それがどんな効果を生んだり、前後のメロディ・ハーモニー等にどう影響するかを把握できるほど曲作りは上手くなっていきます。

ここでの「分析することが好きですか?」という質問は、曲の成り立ちを自分から掘り下げて考えることができるかを問うためのものです。

これができる人は、結果として曲をスムーズ作っていくことができるのです。

check
この「分析が好きかどうか?」は「曲を改善していく力=より良いものを作れる力」につながるもので、それも「作曲の才能」だといえます。

質問6. ピアノまたはギターが少しでも演奏できますか?

こちらの質問はより直接的なもので、作曲を行うにあたり「楽器が弾けるかどうか」はやはり大きな意味を持ちます

現在ではPCを使った作曲も一般化していますが、私の見てきた限り楽器の経験がある人ほど作曲を上手にこなせる傾向にあります

check
もちろんこの「楽器の演奏」は、後からでも十分補完できるものです。

上記を踏まえると、この質問はある種「即作曲に取り掛かれるかどうか?」を問うためのものだといえるでしょう。

質問7. 「おはよう」など、なにげない言葉をメロディにして歌えますか?

これ以降の質問は、作曲の技術面にそのままつながるものです。

まずこちらはメロディ作りのセンスを問う質問で、ここで挙げているように

仕組みは分からずとも、既になんとなくメロディを生み出せる

ということは、メロディを作る感覚が既に備わっているということを意味します。

これは、より具体的には

  • メロディとはどのようなものか
  • それを歌って作るとはどのような行為か

が理解できているということです。

これは、「作曲の才能」を考えるうえでとても重要です。

質問8. 音を重ねる/ハモる、ということの意味と音の雰囲気がイメージできますか?

次の質問は、作曲における「ハーモニーを作ること」にまつわるものです。

一般的にイメージしやすい「ハモり」のように、音を重ねる感覚、およびそれをつなげていく感覚が理解できている人は、この点をなんなく進めていくことができる素質を持っています。

また、メロディが潜在的に持つハーモニーについて連想できればより理想的ですが、この質問にあるような「ハモる」ということがイメージできる人は、その感性もすんなりと伸ばしていくことができます。

check
ハーモニーは音楽における「色合い」「背景」のような役割を持っているため、この質問に「はい」と答えられたひとは、それらをコントロールする特性を持っていることになります。

質問9. 音楽に合わせて手拍子ができますか?

次が音楽の三要素における最後、リズムについて問う質問です。

ここでの「手拍子ができるか?」は、言い方を変えれば「リズム感があるか?」ということです。

特に、作曲でメロディやハーモニーを組み立てていく際には「拍子」や「拍」「アクセント」という概念が思いのほか重要になるため、このように基本的なリズム感が無ければやはり作曲そのものが困難なものに感じられてしまいます

質問10. ひそかに自分が好き、または自分のことを認めていますか?

最後の質問は何処か哲学的ですが、こちらもまた重要です。

作曲は広い意味での自己表現であり、そこで必要になるのが「自分を肯定する感覚」です。

例えば、せっかく曲を作り始めても

  • 自分の作る曲は大したことないな…
  • どうせメロディを作ってもありふれたものしか思いつかないし…

というように、後ろ向きな感情を持ってしまうと曲はやはり完成していきません。

ここまでに挙げたように、作曲の才能にはいくつかの種類がありながらも、この

「自分のことを自分で認めてあげる感覚」を持てるか否か

は、作曲を続けたりそれを上達させるための重要な要素となります

これは作曲に関わらずすべてのことに通じるものでもありますが、「才能」とはつまるところ、そのような「自己愛」「自尊心」のようなものが土台になっていると私は考えています。

診断の結果がいまいちだった場合

この診断の結果が現時点で望むようなものではなかった場合、ページ冒頭でも述べた通りそれをトレーニングによって伸ばすことができます

以下のページでは、その辺りについて詳しく解説しています。

「作曲のセンスがない」は経験値の差|音楽経験を沢山積んで作曲センスを身に付ける 作曲センスを磨く方法(良い曲を作れるようになるための日常的トレーニング)
check
もちろん、根本的に「音楽がそこまで好きではない」というような場合には作曲を続けることが困難になりますが、恐らく少しでも作曲に興味を持った方は、みな多かれ少なかれ音楽が好きなはずです。

まとめ

今回の診断を通して、幸せなことに「作曲の才能あり!」と分かった方は、もうすぐにでも作曲をバリバりやって、自分らしい曲を生み出していくことができるでしょう。

その他の人も、基本的に「才能は伸ばすことができるもの」と捉えて、この診断結果に関わらず楽しみながら作曲を上達させてみて欲しいです。

質問の答えが全部「はい」だった人は、多分作曲が楽しすぎてハマります。